カテゴリー
Artists

水戸部七絵/Nanae Mitobe

水戸部七絵/Nanae Mitobe

Profile

水戸部七絵/Nanae Mitobe

神奈川県生まれ。
現在は、千葉を拠点に活動。
2021年、東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画に在籍。
代表作に著名人やポップ・アイコンを描いた「スター・シリーズ」や、14年のアメリカ滞在をきっかけに制作された「DEPTH シリーズ」などがある。
20年には「VOCA展2021」奨励賞を受賞、愛知県美術館に「I am a yellow」(2019年制作)が収蔵される。

主な個展に、2019年「I am yellow」(Maki Fine Arts)、2018年「DEPTH – Tranquil Pigment- 」(florist gallery N)、2016年「APMoA, ARCH vol.18 DEPTH ‒ Dynamite Pigment -」(愛知県美術館)、「水戸部七絵展」(gallery21yo-j) 、2014年「ABRAHAM」(LOOP HOLE)など。

カテゴリー
Artists

ミノリ/minori

ミノリ/minori

Profile

ミノリ/minori

1992 奈良生まれ
2016 大阪芸術大学 デザイン学科 VAコース 中退
2020 東京藝術大学 美術学部 絵画科 油画専攻 卒業
現在東京を拠点に活動。

作家ステイトメント

点はどこにでも存在する。
それらはときどき、近づいたり、重なったり、つながったり、遠くへ行ったりして、
子どもの遊びのようにあらゆる線を引いていく。
点から生まれたその線は、ある時、言葉になり、境になり、小さな物語を紡ぐこともある。
いつのまにか、何でもなかった場所がだれかの場所になっていたり
だれかの場所だったところが何でもない場所になっていたりするような、
日々止め処なくゆれる世界で、点と点を結んだり、解いたりしながら
何かが立ち現れるまで、私は注意深く対話する。

カテゴリー
Artists

五十嵐 大地/Daichi Igarashi/

五十嵐 大地/Daichi Igarashi/

五十嵐 大地

Profile

五十嵐 大地(Daichi Igarashi)

1996年 東京生まれ
2016年 東京芸術大学入学
2020年 東京芸術大学大学院 油画第6研究室在学

展覧会実績

個展

2019.6.14-6.30 「未完の花園」 gallery fu
2018.10.20-11.11 one work show 五十嵐大地展 みうらじろうギャラリー

グループ展

2020.1.28-2.2 第68回東京芸術大学卒業制作展
2019.11.26-12.8 SHIBUYASTYLE Vol.13 武渋谷 美術画廊
2018.12.1-12.23 gift-Green box- gallery fu

  • 2019年

    Cut flowers

    1620×1303mm

  • 2019年

    Drawing 1

    89×127mm

  • 2019年

    Self portlait

    455×380mm

カテゴリー
Artists

岡田佑里奈/Yurina Okada

岡田佑里奈/Yurina Okada

岡田佑里奈

プロフィール

岡田佑里奈 (Yurina Okada)

2017年 8月TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD#7(後藤繁雄賞受賞)東京
2018年9月 ART AWARD MARUNOUCHI 2018 展示 東京
2018年 9月 ART AWARD MARUNOUCHI 2018(後藤繁雄賞受賞)東京
2019年 7月 The Art of Color DIOR 2019 (入選、展示) フランス
2019年 12月スターバックス京都BAL店(常設)
2020年2月 ホテルアンテルーム那覇(展示)
2020年 6月「燦三と照りつける太陽で、あつ加わり体調を崩しがちな季節ですが 規則正しく健やか奈日々をお過ごしください。展」(展示)東京
2020年 12月 SHIBUYA STYLE vol.14 (展示)東京
2020年 12月 MEDEL GALLERY SHU (展示)東京
2021年1月 銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM (展示)東京
2021年1月 TEZUKAYAMA GALLERY /VIEWING ROOM (展示)大阪

作家ステイトメント

この作品はコントロールの仕切れない一回性と偶然性で成り立っている。それは写真の新たな見え方を表現したものである。写真は見たものを鮮明に写し取る事ができ、写真でしか見えない一瞬の動きをとらえる事ができる。これらを転写させクラックさす事により、写っているものに動きを与える。写真との関係性に手を加える事により写真と自分を繋げる一つの手段である。これは自分自身の新たな挑戦でもあり写真に対してのアプローチでもある。

カテゴリー
Artists

清川 漠/Baku Kiyokawa

清川 漠/Baku Kiyokawa

Profile

清川 漠 (きよかわ ばく)

現在東京を拠点に活動。
2020年「SICF21」田中景子賞受賞。「CAF賞2020」入選。
2021年 4月に東京、6月に京都での個展や、各種グループ展などで展示を予定している。

作家ステイトメント

線を引く行為における瞬発性、偶然性、ダイナミズム。表出した感情を瞬間的に押し固め一種の彫刻のように永続的な形で鑑賞者に提示する。

カテゴリー
Artists

トモトシ/Tomotosi

トモトシ/Tomotosi

プロフィール

トモトシ

豊橋技術科学大学を卒業後10年近く建築/都市計画に携わる。
2014年より映像インスタレーション作品を発表。
2020年より西荻窪にトモ都市美術館(現TOMO都市美術館)を企画運営。主な展覧会に「ヘルニア都市」(TOMO都市美術館 2020)、「有酸素ナンパ」(埼玉県立近代美術館 2019年)、「あいちトリエンナーレ2019」(豊田市 2019年) 、「tttv」(中央本線画廊 2018年)、がある。

作家ステイトメント

ぼくは「都市空間や公共ルールに歪みを生むアクションを行い、人の動きが変容する瞬間を記録する」ことで制作をしている。 アーティストとしてのこの態度は、デザイナーとして建築/都市計画に長年携わって辿り着いた、「建築や都市の完璧なデザインはありえない」という結論から育まれている。人間の、無限にある感情や振る舞いを余さず取り込んで形態化することは不可能なのだ。

都市はもともと不完全なものなのだと分かったときから、都市の使い方自体を更新していくことに関心が移った。それ以来ぼくはデザイナーを辞め、アーティストとして新しい都市の使い方の開発を目論んでいる。

カテゴリー
Artists

中澤 ふくみ/Fukumi Nakazawa

中澤 ふくみ/Fukumi Nakazawa

中澤 ふくみ

プロフィール

中澤 ふくみ(なかざわ ふくみ)

1996年4月生まれ
高知県出身
エストニア芸術アカデミーアニメーションコース修士課程

経歴

2015年4月 土佐高等学校卒業
2015年4月 京都造形芸術大学油画コース入学
2017年2~8月 ウィーン美術アカデミー交換留学
2019年3月 京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース卒業
2020年8月 エストニア芸術アカデミーアニメーションコース入学

受賞歴

2018年11月 「国際瀧富士美術賞」優秀賞受賞
2019年2月 「京都造形芸術大学卒業展」美術工芸学科学長賞受賞
2019年6月 「アートアワードトーキョー丸の内2019」後藤繁雄賞受賞
2019年10月 「高知県展」特選、県美術振興会奨励賞受賞
2020年6月~ クマ財団奨学生

展覧会実績

2015年8月 TOSA美術アカデミー展(グループ展)高知市文化プラザかるぽーと、高知
2015年11月 国際交流展「ドキドキ」(グループ展)cumonogallery、京都
2016年5月 国際交流展「encounter」(グループ展)食堂ルインズ、京都
2016年6月 「おまえと誰か」(個展)京都造形芸術大学、京都
2016年7月 「ななしのほし」(グループ展)京都造形芸術大学、京都
2016年7月 TOSA美術アカデミー展(グループ展)高知市文化プラザかるぽーと、高知
2016年11月 国際交流展「MULTI」(グループ展)ギャラリー知、京都
2017年1月 「oneroomノマドの現在地」(グループ展)嵯峨芸術大学、京都
2017年8月 「TschauRagazzi」(グループ展)ウィーン美術アカデミー、オーストリア
2018年4月 「嬉々として奇形していく」(個展)いのくま亭、京都
2019年2月 「京都造形芸術大学卒業展」(グループ展)京都造形芸術大学、京都
2019年2月 「宇宙船地球号」(グループ展)東京都美術館、東京
2019年5月 「嬉々として奇形していく」(個展)galleryE、高知
2019年6月 「アートアワードトーキョー丸の内2019」(個展)行幸地下ギャラリー、東京
2019年6月 「中性になって飽和する」(個展)galerie16、京都
2019年10月 「LittleCloud」(グループ展)上之町會舘、岡山
2019年10月 「小さいわたしたち Whoarewe?」(グループ展)+1art、大阪
2019年10月 高知県展(グループ展)高知文化プラザかるぽーと、高知
2020年11月 「見えない世界invisibleworld」(グループ展)+1art、大阪

カテゴリー
Artists

森井 沙季/Saki Morii

森井 沙季/Saki Morii

森井 沙季

プロフィール

森井 沙季(もりい さき)

1996 年 兵庫県生まれ

経歴

2019 年 京都造形芸術大学油画コース 卒業
2021 年 京都芸術大学大学院
(旧:京都造形芸術大学大学院)彫刻・立体造形分野
卒業

グループ展

2020 年「ARTIST’S FAIR KYOTO 2020」京都文化博物館別館 (京都)
2019 年「Artistʼs Tiedeland KYOTO」新宿伊勢丹メンズ館8階(東京)
2019 年「A-Lab Artist Gate 2019」あまらぶアートラボ A-Lab (兵庫)
2017 年 Exhibition#001「いま、絵を ということ。」京都造形芸術大学(京都)

作家ステイトメント

人が何かを願った時に抱く期待に包まれた煌びやかな「理想」と、その実現が脅かされ た時に抱く不安を帯びた仄暗い「虚構」。他者に愛を求めて得られる「安堵」と、他者が 自分の中に侵入するのではないかという「恐怖」。我々の脳内では、常にこのような相反する要素が共存し、互いを飲み込み合いブラッシュアップの作業を繰り返す。私が想像するその光景は、流動的で動画のようでもあるが、その動きは鈍く、可変性を持ちながらも感情の重みが足枷となり、じりじりと磁気を発する静止画のようでもある。私にとって絵の具を重ねる行為は、複雑に積み重なる質量を持つ感情のレイヤーをかける事である。絵 画という限られた空間の中で、人々の内部に有する混沌とした世界の光景を表現している。

カテゴリー
Artists

石井 海音/Amane Ishii

石井 海音/Amane Ishii

石井 海音

プロフィール

石井 海音(いしい あまね)

1994年、大阪府出身。
制作の際には、幼い頃の記憶や日常生活の中にある もの、漠然とした不安などの個人的経験と、そこから少し離れた、実際に存在 しないようなキャラクターを物語的に構成して画面を作る、という。

受賞歴

2020 年京都市立芸術大学作品展にて大学院市長賞を受賞。

作家ステイトメント

絵画は物質感を持った複製不可能な形式である。これは私たち人間の命の形式と通じている。また、ディスプレイ上で見る画像や直線的で一方的な 時間を持つ動画とは違って、絵画には循環的な時間があり、物質感を持つがゆえに対峙して見つめ合うことができる。
-石井海音-

カテゴリー
Artists

木村 翔馬/Shoma Kimura

木村 翔馬/Shoma Kimura

木村 翔馬

プロフィール

木村 翔馬(きむら しょうま)

1996 大阪府生まれ。

学歴

2018 京都市立芸術大学 美術科 油画専攻 卒業。
2020 京都市立芸術大学院 美術研究科 修士課程 絵画専攻 修了。

受賞歴

2018 「京都市立芸術大学 作品展・有志展 2017」市長賞
2017 「第4回 CAF 賞」最優秀賞

個展

2020 「ザ・トライアングル 木村翔馬:水中スペック」京都市京セラ美術館 ザ・トライ アングル (京都)
2019 「クリスタル☆ポリゴン」ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019: BLOWBALL, KYOTO ART HOSTEL kumagusuku (京都)
2018 「dream のあとから(浮遊する絵画と VR の不確定)」ninetytwo13gallery (東京) グループ展
2020 「楽観のテクニック」BnA Alter Museum SCG (京都)
2019 ignore your perspective 49「紙より薄いが、イメージより厚い。」児玉画廊|天王 洲(東京)
2019 「暗黙知の技術」 FabCafe Kyoto/MTRL KYOTO(京都)
2019 「貫く棒の如きもの」TALION GALLERY(東京)
2019 「ヴァーチャル・リアリティの居心地」ゲンロン カオス* ラウンジ五反田アト リエ(東京)
2018 「京都市立芸術大学作品展・有志展 2017」京都市立芸術大学 (京都)
2017 「第四回 CAF 賞展」代官山 ヒルサイドフォーラム (東京)

その他

2020 木村翔馬:水中スペック関連プログラム 木村翔馬『透明の上に描く』(「ナイト・ ウィズ・アート 2020」プログラム) (ライブペインティング、京都)
ザ・トライアングル「木村翔馬:水中スペック」アーティストトーク 『半 透明な身体と、平らじゃない絵』(京都市京セラ美術館/京都)
2020 「フルーツお絵かき即売会」(京都)
2020 二艘木洋行個展 < ハッピーアワー配信イベント 1 > オープニングトーク 「ピクセル・リアリティ」 (京都)
2019 PERFORMANCE EVENT VR Painting Workshop by Shoma Kimura, –FLOATING STUDIO– (デュッセルドルフ/ドイツ) ゲスト講義シリーズ、プールリバー《どうやって「絵画」の話をしよう》(京 都)
2019 パフォーマンスイベント、「VR お絵かき大会☆ @kumagusuku」(京都)
2018 アーティスト向け少人数制ワークショップ「浮遊するアトリエ vol.1」(京都)

アートフェア

2020 ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020, 京都新聞ビル 印刷工場跡 (京都)
2019 Art Düsseldorf 2019, CAF+TALION GALLERY (デュッセルドルフ/ドイツ) ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019: BLOWBALL「クリスタル☆ポリゴン」, KYOTO ART HOSTEL kumagusuku (京都)

作家ステイトメント

“今” を “デジタルとアナログのぶつからない時代” と仮定し、仮想空間と現実空間で絵画 を制作する。 絵は、時代と環境によってその見た目を変えるが、科学技術による変化が大きい。それは 現代でも言えるが、昔は「いつか科学の進化によって人間の作品は……」という技術への 恐れによる変化が多かったのではないか。
今では、かつて SF に出てきたサイバースペース (仮想空間)も、AI も身近なものになった。数十年前の人々が夢見ていたインターネットとは違うデジタルの広がりが、アナログな実世界に重なっていることに気が付く。 空中や水中に絵を描きたいと思うことがある。子どもの考える夢のようではあるが、これ が VR ペイントツールを通して行われるとき、“デジタルとアナログはひとまずぶつからず に” 重なっていく。空間自体が支持体となり、絵具は垂れることなく、ストロークとして 空中で固定され、作者と鑑賞者と作品はすべて同じ次元(プレイエリア)に位置づけられて いく感覚。
そんな経験をよそにして、今度は実世界のキャンバスに描こうとすれば、自 分の中の絵のルールはすこしリセットされてしまったことに気が付いて、このとき何かに “ぶつかっていた” ことを理解する。 絵はもともとバーチャルなものだから、目で画面を見るときというのは、それが立体的で も平面的でもないところに思考を持ち寄って、イメージだけを的確に見ているのだと思う。
そして、ふいにデジタルとアナログはその質を取り戻すから、絵は時間をかけて見てしま うのだろう。新たな視覚性と身体性の獲得の中で、絵とは何かを問う。