カテゴリー
representated artists

岡田 佑里奈/Yurina Okada

岡田佑里奈/Yurina Okada

岡田佑里奈

プロフィール

岡田佑里奈 (Yurina Okada)

1995年 兵庫県出身
2018年 京都造形芸術大学 卒業
2020年 京都造形芸術大学修士課程 修了

主な展示歴

【個展】
2022
-Art Fair Tokyo 2022 プロジェクツ部門 個展, 東京
2021
-「Walk in a dream 」ARTDYNE Tokyo, 東京

【グループ展】
2022
-biscuit gallery first anniversary exhibition 「grid」biscuit gallery, 東京
-「exhibition from shu」 biscuit gallery, 東京
2021
-Up_01 銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM, 東京
-TEZUKAYAMA GALLERY /VIEWING ROOM (展示)大阪
-y-Generation Ⅶ 西武渋谷店, 東京
-「Opening exhibitionⅠ」biscuit gallery, Tokyo
-ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 京都文化博物館別館 他京都
-「It’s gonna be AWESOME!」  YOD Editions, 大阪
2020
-ホテルアンテルーム那覇(展示), 沖縄
-「燦三と照りつける太陽で、あつさ加わり体調を崩しがちな季節ですが 規則正しく健やか奈日々をお過ごしください。展」(展示), 東京
-SHIBUYA STYLE vol.14 (展示), 東京
-MEDEL GALLERY SHU (展示), 東京
2019
-スターバックス京都BAL店(常設), 京都
2018
-ART AWARD MARUNOUCHI 2018 展示, 東京

受賞歴

2019
The Art of Color DIOR 2019 (入選、展示), フランス
2018
ART AWARD MARUNOUCHI 2018(後藤繁雄賞受賞), 東京
2017
TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD#7(後藤繁雄賞受賞), 東京

Overviews

岡田佑里奈の作品は絵画、そして写真の領域を横断しながら次世代にあるべき平面作品の可能性について問いを投げかけます。
草花や同世代の女性を被写体にした写真を転写の技法によって平面化し、そこに現れたクラックに塗料を流し込むというプロセスを経過する彼女の作品は、写真と絵画の双方の工程を含みながらも、しかしそのどちらにも傾かず、それらはむしろ物体の強度と精緻さを手仕事によって丹念に突き詰めるという、どこか工芸的な性格を伴いながら新しい領域を示唆しています。
その固有のマチエールはロシア・アバンギャルドの作家らのような、表面効果への工夫を思い起こさせる一方、岡田が作品について「全ては朽ちていく、という考えがある」と話しているように、そこには岡倉天心が茶湯文化に指摘した「不完全性の美」のような茶湯的、日本的な美学にも通ずる精神があると言えるでしょう。

カテゴリー
representated artists

那須 佐和子/Sawako Nasu

那須 佐和子/Sawako Nasu

Profile

那須 佐和子/Sawako Nasu

1996年 東京都生まれ
2021年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2021年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画第一研究室 在籍
同学O氏記念賞奨学金 認定

主な展示歴

【個展】
2022
-「slipped moonlight」銀座 蔦屋書店, 東京
-「灯台へ」myheirloom,東京

【グループ展】
2022
-“CROSSROADS” WHAT CAFE, 東京
– biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」biscuit gallery, 東京
– 2人展「最終観測者、?」biscuit gallery, 東京
2021 
2人展「b⇔d」biscuit gallery,東京

Overviews

那須佐和子は絵画という言語を用いながら距離、つながり、関係について語っています。「どのようにしたら昔の絵に触れるのか」と、那須は自らの制作について振り返るときに口にしますが、彼女の作品の根底には、本人が慕うところの古典あるいはモダニズム絵画やその時代と現代にいる自分自身の間に横たわっている、埋めようがない絶対的な距離に対するまなざしがあり、その感覚こそが那須の芸術に徹底したビジョンを与えています。古典絵画の時代と、そして現代人である自らが属する時代を対比させながら絵画の可能性に取り組む那須の姿勢は、彼女のパーソナルな関心の範疇を超え、常に更新され続ける美術の歴史の突端において何が可能かを模索する、今日的な意識があると言えるでしょう。