カテゴリー
NEWS

【2人展】東慎也×飯田美穂「Welcome to the Painting Jungle」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、美術作家の東慎也と飯田美穂による展覧会を開催致します。
会期は2021年11月3日(水・祝)から11月21日(日)まで。

東慎也は2020年に京都造形芸術大学大学院を修了、飯田美穂は2018年に同大学院を修了した新進気鋭のペインターです

一見するとかわいらしく、軽妙なタッチで描かれる東の絵画は、様々なイシューをはらんでいます。
また、 顔を「∵」や文字記号に置き換えた名画などをモチーフに描く飯田は、絵画とはなにかをベースに考えます。

それぞれがそれぞれに「絵画」に傾倒するふたりによる2人展は、展示タイトル「Welcome to the Painting Jungle」の通り、ギャラリー展示室の3フロアがジャングルのような絵画空間を作り出します。

顔をちゃんと描かないふたりの個展に寄せて

飯田美穂と東慎也が、2人展をやるという。
僕の中では、ちょっとした事件だ。
(ちなみに、僕にテキストの依頼が来たのはもっと事件だ)

僕は、人との出会い同様、アーティストの作品たちとの出会いも記憶が定かでないことが多いのだが、ふたりの作品との最初の邂逅については、それぞれ鮮明に覚えている。アートフェアと美大内でのアトリエ巡りというシチュエーションの違いはあれど、多様な作品を見て回る中で、圧倒的なユニークネスと完成度で存在感を発していた作品達に足を止められて名前を確認したことは同じだった。以来、それぞれの作家のファンである。

そんなふたりが2人展をやるという。

様々な過去の名画をモチーフに、「描く」ことを描いている飯田と、
人や社会の様々な側面を少しシニカルな目線で捉え、ユーモラスに描く東。

異なるテーマとアプローチのふたりの作品に、しかし、不思議な共通点を僕は覚える。
なんというか、どちらの作品も力が抜けていて、どこか愛嬌があり、類似の鑑賞体験を持っている。
端的にそんな印象を与える外形的な共通点を問われたら、ずばり、「顔」の描写である。
ふたりとも、顔をちゃんと描かない。

よく顔にアルファベットや数字を描く飯田と、
点や線で簡単に表情を描写する東。

コミュニケーションする猿たる僕らは、人を見たら無意識に表情から情報を読み取るようにできているが、ふたりの作品はそれを許してくれない。作品に対峙した際、読み解くヒントを求めて描かれた人物の顔を覗き込むと、「ノーヒント!」あるいは「顔はあんまり関係ありません!」と、さらっとかわされてしまう。この拒絶ではなく、いなされる感じが心地よく、「チェ」と舌打ちしながら僕は他のヒントを拾うために作品の細部に目を向けることになる。そうして手がかりを探りながら、飯田はこの名画をモチーフに何を描きたかったのか?東が今回、焦点を当てたのは人のどの側面なんだろうか?と、作家の制作動機に思いを馳せる。そんなやりとりがなんとも楽しい。

このテキストを書くにあたり、2人展をやることになった経緯やコンセプトを聞いてみようと思ったが、結局、やめてしまった。当日、「ノーヒント」で会場でふたりが創り上げた作品と空間に向き合った方が楽しそうだと思い直したのだ。

そういうわけで、今回の個展に関する固有の情報はこのテキストにはない。
(期待してここまで読み進めた人はごめんなさい)
でも、どうか、皆さんにも、顔は何も語らない代わりに、画面全体が存分に語るペインタリーなふたりの作品と空間を会場で「ノーヒント」でご堪能いただきたい。

そのジャングル体験は、きっと楽しいから。

現代アートコレクター
草野 隆史

アーティストプロフィール

東慎也 Shinya Azuma

ニュースや日頃目にする情景から着想を得たイメージをドローイングに書き溜め、大胆なストロークでキャンバスにイメージを再び描き起こす。東の一見愛らしいモチーフの裏には、貧富の格差やデモなどの世界各地で起こっている時事問題が主題として込められている。

-略歴-
1994年 大阪生まれ
2020年 京都造形芸術大学大学院芸術研究科ペインティング領域修了
現在は大阪、奈良を拠点に活動。

 

飯田美穂 Miho Iida

絵画への愛とオールド・マスターたちへのリスペクトを込めて多様な名画を引用し、抽象化されたイメージを描く。

-略歴-
1991年 愛知県生まれ
2016年 名古屋芸術大学 美術学部 美術学科 洋画2コース 卒業
2018年 京都造形芸術大学大学院 芸術専攻芸術研究科 ペインティング領域油画コース 修了

 

開催概要

東慎也×飯田美穂2人展
「Welcome to the Painting Jungle」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2021年11⽉3⽇(水・祝)〜11⽉21⽇(⽇)
時間:13:00〜19:00(土日祝:12:00〜18:00)
※月〜水休 (祝日はオープンいたします)
入場:無料
主催:biscuit gallery

カテゴリー
Exhibition

【2人展】小林椋×山本直輝「妙な穴面」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、美術作家の小林椋と山本直輝による展覧会を開催致します。
会期は2021年10月14日(木)から10月24日(日)まで。

展覧会はフロアごとに独立して展開され、3フロアごとに3つの展覧会で構成されます。

1階では2人展「妙な穴面」、2階では小林椋個展「巻き上げる山すその速さはイモのように固い」、3階は山本直輝個展「1421」が開催されます。

 

アーティストプロフィール

小林椋 Muku Kobayashi

モノがある機構や機関に挿入されたり、その運転へ加担することによって生じる性質の発現や疲弊の様子を観察しながら作品を制作する。

-略歴-
1992年 東京都生まれ
2017年 多摩美術大学大学院 美術研究科 修士課程 情報デザイン領域 修了
2019年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科 修士課程 彫刻専攻 修了

 

山本直輝 Naoki Yamamoto

分断をテーマに作品を制作。モチーフとなっている線、黒、穴、モザイク、暴力、身体の切断、人物を囲う線などはそれを象徴している。山本は分断を象徴する暴力について言えば、絵画も立体物を平面に置き換える行為でありそれ自体が暴力的な行為だと感じている。また、作品画面はレイヤーが互いに干渉しあいレイヤーの相互関係を歪める構造になっている。これはレイヤー的フラットの破壊であり、フラットの破壊は日常の分断である。

-略歴-
1982年生まれ 埼玉県在住

個展
2021年 窓、あるいは絵画 / THE blank GALLERY
2019年 トカレフ、あります? / THE blank GALLERY
​2018年 偉大なるフィクション / 新宿眼科画廊
2011年 フラット11 / HARMAS GALLERY
2010年 点滅する存在 / 一橋大学大学院国際企業戦略研究科2009年 トーキョーワンダーウォール都庁展 / 東京都庁

受賞
2009年  トーキョーワンダーウォール賞

Statement

 

コンピューターエンジニア、メーカー顧問などを経て『パソコン仙人』、『Dr.パソコン』の異名でも知られたコラムニスト、宮永好道は「パソコンは、ソフトがなければただの箱」という名言?を残したことでも知られている。コンピューターのような精密で複雑な機器でもソフトウェアがなければ、何もできない無用の長物であると。しかし、よくよく考えてみると「箱」も「モノを入れておく」という機能を持った器機である。そうすると、使い物にならないコンピューターは「箱」とも言えず、せいぜい漬物石のようなものだろう。この、目的を果たせないまま、あるいは目的から解放されて佇む「箱のようなもの」は、中身の有無を隠蔽しながら「箱」を装い続ける。それは「秘密(それが実際にあろうとなかろうと)」を宿し続けている限りにおいては、確かに「箱」のようなものと言える。ある目的や機能を持つわけでもなく、箱と秘密の関係を利用することによって「箱のようなもの」として立ち現れる空虚なオブジェクトだ。

小林椋(Muku Kobayashi)


このテキストは展覧会開催の1ヶ月前に執筆しているため、実際の展示空間がどうなるかはわからない。しかし、一番懸念されていた2人展のタイトルも無事に決まり、これさえ決まればあとは上手くいくだろうという予感はしている。

小林椋の作品を初めて目にしたのは、2018年に相模原を舞台にして開催された展覧会「パープルタウンでパープリスム」だ。私自身もこの展覧会に参加し、彼とは少しだけ言葉を交わしている。そして2年後、今回の展覧会を企画するにあたり、私から彼の名前を挙げ2人の展覧会が実現する運びとなった。小林椋の作品は一見シュッとしてカッティングエッジなようにみえるが、どこか垢抜けきれない哀しさのようなものをまとっている。またどこかよそよそしく無機質で、そこに佇んでいるという印象を受ける。私の作品も同様の性質や傾向をもっているので、私は彼の作品に対して親近感を抱いている。

無機質で哀しさを漂わせてはいるが空虚ではない、そんな作品群による展覧会をこの機会にご高覧いただけたらと思う。

山本直輝(Naoki Yamamoto)


開催概要

小林椋×山本直輝2人展
「妙な穴面」

小林椋個展
「巻き上げる山すその速さはイモのように固い」

山本直輝個展
「1421」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2021年10⽉14⽇(⽊)〜10⽉24⽇(⽇)
時間:13:00〜19:00(土日:12:00〜18:00)※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery
協力:一般社団法人HAPS

カテゴリー
Exhibition

【グループ展】宮林妃奈子×田中幹希×田中綾子「three」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、美術作家の宮林妃奈子、田中幹希、田中綾子の3人によるグループ展「three」を開催致します。
会期は2021年9月23日(木)から10月3日(日)まで。

宮林妃奈子は絵画、田中幹希と田中綾子は彫刻と、異なる手法で制作する3人。それぞれに受賞歴を持ち、今その活躍を注目されている若手美術作家たちです。今展示はそんな3人の作品を一度にご覧いただける、稀有な展示会となります。

宮林妃奈子は「必然」、田中幹希は「人の印象」と「人が持つ匿名性」、田中綾子は「記憶」をテーマに模索、追求します。この一見全く異なるテーマたちが共にひとつの空間をつくる時、観者にどんなメッセージが発せられるのでしょうか。

アーティストプロフィール

宮林妃奈子 Hinako Miyabayashi

-略歴-
1997年北海道生まれ
2019年9月ベルリン芸術大学 ファインアート学部 交換留学
2021年3月多摩美術大学美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業
2021年4月東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻 油画第六研究室 在籍

展示歴
2021年
1月 多摩美術大学 卒業制作展・大学院修了制作展2021 多摩美術大学八王子キャンパス
2月 令和2年度 第44回 東京五美術大学連合卒業・修了制作展 国立新美術館
2018年
3月 Future Artists Tokyo —スイッチルーム— [Art Fair Tokyo 2018]/東京国際フォーラム
8月ブルースカイ・ホール/gallery fu
2017年
12月 TAMABI select _4_/多摩美術大学八王子キャンパス内 アートテーク

受賞歴
2021年1月 多摩美術大学 卒業制作展・大学院修了制作展2021 福沢一郎賞

出版
2019年4月  Border Book _境界の旅_/発行:株式会社 都田建設 出版:Hadashi Books
2021年1月 「Okujou Beat」 EP Visual Artwork

 

田中幹希 Motoki Tanaka

-略歴-
1990年 東京都生まれ

展示歴
個展
2020年7月 「MOTOKI TANAKA SOLO EXHIBITION Online Viewing」(MEDEL GALLERY SHU WEBSITE)
2016年1月「Another Surface」(NANATASU GALLARY/東京)

グループ展
2020年
12月 「Independent Tokyo 2020」(東京ポートシティ竹芝/東京)
3月 「15th TAGBOAT AWARD」(渋谷ヒカリエ8/CUBE 1,2,3/東京)
2019年
11月「SHIBUYA ART AWARDS 2019」(渋谷区庁舎15階 スペース428/東京)
9月「Individualism」(MEDEL GARELLY SHU/東京)
5月「IAG ARTISTS SELECTION 池袋回遊派美術展」(東京芸術劇場/東京)
2018年
5月「IAG AWARDS 2018」 (東京芸術劇場/東京)
2017年
7月「気配 ーけはひー」(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/神奈川)
2016年
12月「the art fair+plus-ultra 2016」(スパイラルホール/東京)
2015月
5月「SICF16」(スパイラルホール/東京)
2014年
8月「人間展2014」(金沢21世紀美術館/石川)

受賞歴
2020年「Independent Tokyo 2020 審査員特別賞 染谷琢賞」
2014年 「人間展2014 立体部門賞」

田中綾子 Ayako Tanaka

-略歴-
1993年 大阪府生まれ
2019 東京藝術大学美術学部彫刻科 卒業
2021 同大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了

展示歴
2021年
個展「知らない渚」 galerieH ( 東京 )
透明な毎日に 青木飴色・田中綾子 2 人展gallery fu ( 神奈川 )
旅展 / ここではないどこかへ 藝大アートプラザ ( 東京 )
第 69 回 東京藝術大学卒業・修了作品展 東京藝術大学構内 ( 東京 )
2020年
Little Big Things-National Shoebox Sculpture Exhibition 赤粒藝術 ( 台北 )
記憶の交換 武蔵安里・田中綾子 2 人展 gallery fu ( 神奈川 )
2019年
gift+Green Box gallery fu ( 神奈川 )
第 10 回 国際シューズボックススカルプチャー 国立台湾芸術大学 ( 台湾 )
星に願いを gallery fu ( 神奈川 )
IAG AWARDS 2019 EXHIBITION 東京芸術劇場 ( 東京 )
平成の聖母子像 gallery fu ( 神奈川 )
Living に飾りたい 1 枚の絵・Bedroom に飾りたい 1 枚の絵gallery fu ( 神奈川 )
東京藝術大学卒業・修了作品展 東京都美術館 ( 東京 )
2018年
gift+Green Box ブルースカイ・ホール gallery fu(神奈川)

受賞歴
2021年
台東区長奨励賞 受賞
2019年
IAG AWARDS 2019入選
平山郁夫賞 受賞
2018年
三菱商事アート・ゲート・プログラム 第 39 回 入選
2017年
藝大アーツイン丸の内 GAM 賞 受賞

開催概要

宮林妃奈子×田中幹希×田中綾子
「three」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2021年9⽉23⽇(⽊)〜10⽉3⽇(⽇) ※9月23日(木)12:00〜18:00
時間:13:00〜19:00(土日祝:12:00〜18:00)
入場:無料
主催:biscuit gallery