カテゴリー
NEWS

biscuit gallery group exhibition 「re2」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、2023年10月8日より、2021年に第1回目を開催した展覧会「re」の第2回目となる「re2」を開催いたします。

オープニングパーティーを、初日の2023年10月8日(日) 16時より予定しております(featuring Yuki’s kichen)。作家2名も参加予定です。

この度biscuit galleryでは2023年10月8日から10月28日の会期にて粂原愛と髙橋健太による展示「re vol.2」を開催致します前回の「re」に引き続き、本展示では西欧編纂型の現代美術と日本美術が交差する今日の私たちの美術的な土壌を捉え直し、改めて考える場を鑑賞者と共有する意図を下敷きに、今日のアートシーンの一部の摘録となることを目指します。

展覧会タイトル「re」は「再び」「反対」などの語意を形成するプリフィックであり、その語義的な理由から「re」とは何かしら元となる、あるいは対峙する「何か」を伴います。同時に、その「向き合う何か」は本展示における大きな主題の一つであり、本展示の目的は外来種としての現代美術の形式をそれとは異なった美術形式が既にあったこの国がそれを受容したことを前提として、その今日に結果として在るアートシーンの一部の表現を改めて考察すること、またその二種の因子をいずれとも廃さずに私たちにとっての《現代美術》の様相と可能性を見つめ直すことにあります。

とはいえ、誤解を招かないために言えば、この展示に参加する粂原も髙橋も(広い意味での現代日本という時代区分を共有してはいるものの)それぞれに表現の志向は異なったアーティストであり、企画の趣旨は二人の表現上の共通項を類推させる機会の提供ではありません。異なった志向性を持った二人が共有する土壌に考えを巡らすこと、そして交雑した因子を持ったその土壌の上に居る二人の美術家の優れた仕事を紹介すること、企画の要旨はこの二つに尽きます。そして二人の招聘にあたり、今回の「re」では「手前と奥」というライトモチーフを導入しました。前者は2000年代以降における日本絵画の表現形式について、後者は日本絵画における余白の存在や不在の表現についての言い換えであり、この構造を通じて、つまり「目に見えているもの」と「目には(直接には)映らないもの」の二つの観測地点から私たちの美術について思考する機会を築けたらと思います。

では「奥」とは何か。「奥」とは、眼前には無いが、予感によって感知できる領域であり、或いはその感性そのものとここでは定義づけています。暗がりに何かを感じて怯える心、言外に匂わされるニュアンス、若しくは他者の頭の中の世界。このことを考えるため、平安中期の歌人・藤原公任が『和歌九品』で語った「餘りの心」、後代になっては鴨長明が『無名抄』で語られた「余情」という言葉を展示上の頼りとしました。形として現れていないが、現れていないだけで、そこに在る/居るような予感がすること。今回の「re」では、これまで建具を用いて意図的に画面に遮りの効果を与え、顕現されない存在を示唆させる粂原愛の絵画とともに、この点を考えたいと思います。粂原は一つの絵画に「視えている箇所-視えない箇所」の二重性を生み出し、つまり不在を通して存在を予感させ、想像させる画面を鑑賞者に提示します。その「目の前には無いが予感はすること」こそが、本展示で考えたい「奥」の手触りであり、その不確かな触覚を述べる詩的言語が、私たちが背負う美術史には多く見受けられるように思えるのです。

一方の髙橋健太は、本人の言葉を借りるならば「残ってしまったもの」として日本絵画を捉え、明治や戦後の文化的な改造と変質を踏まえ、固有の歴史観をベースに今日の日本絵画のコンテクストを捉え、実践しているペインターです。彼の絵画には、デジタイズされた今日の私たちにとっての生活のリアリティ、近代都市の生活者のモダリティにめぐらせた考察を、彼の考える日本絵画固有の線描法、技材に由来する粒子的なテクスチャを取り入れながら、90年代の日本に生まれた世代感覚を織り混ぜながら描いたものが多く、言わば日本的な図像感覚と絵画技法に向き合い、それらを現代絵画に持ち込もうと企図するかのようです。「たまたま生まれた場所にあった美術史が、少なくとも西欧的なそれには整合性がつきにくかった。といって絶望はしたくない。ポジティブに捉える道を考えたい」と話す彼は、複雑な因子の絡み合った美術史を要素分解し、時に矛盾するかに見えるそれら一つ一つの因子を無視するのではなく、むしろそれらが共生した土壌をスタート地点とします、本展示において髙橋に頼ったのは「手前」、つまり日本絵画のフォルマリズムの考察パートですが、それは彼が堅持するようなやり方でこそ、そしてその言葉を借りるならば「残ってしまったもの」を見極めるところから始まるようにも思えます。

奥岡新蔵

 

アーティストプロフィール

粂原 愛 | Ai Kumehara
1989年 埼玉県出身
2015年 摩美術大学大学院日本画研究領域 修了

透過度の高い絵の具で下図を制作した後、画面全体に薄い和紙を貼り岩絵の具で彩色する手法を用いる。一度画面を半透明にリセットすることによって、色彩や形の境界を曖昧にし、描かれているものを抽象化させる。2019 – 2020年前半までは自然保護区、コロニヘーヴなど人為的に自然が作られた場所に滞在し取材を行っていたが、コロナウイルスによるロックダウンによって人々がいなくなった滞在先に突然出現した動物と対峙した経験から、動物を「何かを示唆するもの」として画面上に描く。

詳細プロフィールはこちら

髙橋 健太 | Kenta Takahashi
1997年 愛知県出身
2021年 東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業 
2023年 東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻所属

開催概要

biscuit gallery group exhibition
「re2」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
参加アーティスト:粂原 愛、髙橋 健太
会期:2023年10⽉8⽇(日)〜 10⽉28⽇(土)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
協力:奥岡 新蔵
主催:biscuit gallery

Openning Party featuring Yuki’s kichen:2023年10⽉8⽇(日)16〜19時※作家2名とも参加予定

 

カテゴリー
Art Fair NEWS

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2023

biscuit galleryは2023年9月22日より開催されるART FAIR ASIA FUKUOKA 2023に出展いたします。

biscuit galleryは、Unlimited(S06ブース)にて、那須佐和子の個展「pieces of landscape」を開催いたします。このブースでは、新シリーズ作品を中心に構成いたします。

また、The Wall(W09ブース)でも2023年ポートレイト作品、moonlightシリーズなどを展示いたします。

那須佐和子《Pieces of Landscape》2023

プロフィール
那須佐和子

1996年 東京都生まれ
2021年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2023年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画第一研究室 修了
同学O氏記念賞奨学金 認定

那須佐和子 詳細プロフィールはこちら 

【開催概要】

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2023
 〜Unlimited / The Wall セクション
開催日時:2023年9月21日(木)―9月24日(日)

biscuit gallery
Unlimited – S06ブース
The Wall – W09ブース

VIP View  
9/21(木) 16:00 – 20:00
9/22(金) 11:00 – 14:00

Public View  
9/22(金) 14:00 – 19:00
9/23(土) 11:00 – 19:00
9/24(日) 11:00 – 17:00

会場:マリンメッセ福岡B館
〒812-0031 福岡県福岡市博多区沖浜町2−1
Web:https://artfair.asia/

 

 

カテゴリー
NEWS

「biscuit gallery online shop」本格オープンと特別キャンペーンのお知らせ / Announcement of full-scale opening and special campaign

biscuit galleryでは、取り扱い作品の一部をonline siteで販売する取組を本格スタートします。

biscuit gallery online shop
https://shop.biscuitgallery.com/

本企画のスタートに際し、期間限定で特別キャンペーンを実施します。2023年9月1日(金)〜9月30日(土)に限り、ご購入者の方全員に「biscuit galleryオリジナルショッパー」をプレゼントいたします。

biscuit galleryオリジナルショッパーは、ギャラリー特注のアイテムで、作品を運ぶ際に便利な仕様で製作いたしました。
丈夫なポリエチレン素材で防水仕様。持ち紐が2種類ついており、手持ちと肩掛けの2wayで持ち運びやすいデザインになっております。

左:サイズ(小) 右:サイズ(大)

サイズ(大)使用イメージ

※大、小いずれかご希望のサイズ1点プレゼントいたします。

biscuit gallery オリジナルショッパー (大)
サイズ:高さ 76cm / 横 88cm / マチ 20cm
※30号の作品箱が2つ入るほどのサイズ感です。

biscuit gallery オリジナルショッパー (小)
サイズ:高さ49cm / 横64cm / マチ19cm
※8号の作品箱が2つ入るほどのサイズ感です。

なお、取り扱い作品は、順次拡充して参ります。

概要

biscuit gallery online shop

URL:https://shop.biscuitgallery.com/

特別キャンペーン期間:2023年9月1日(金)〜9月30日(土)
キャンペーン内容:1作品ご注文に付き、オリジナルショッパー1点プレゼント
配送料:着払い
海外配送:可能
お問い合わせ:info(アット)biscuitgallery.com

 

カテゴリー
Art Fair NEWS

Kiaf SEOUL 2023

 

biscuit galleryは、韓国・ソウルで2023年9月に開催されるKiaf SEOUL 2023に参加いたします。

出展作家は、biscuit galleryのマネジメント作家である岡田佑里奈、那須佐和子、山ノ内陽介の3名です。

岡田佑里奈「Stare 047.」

那須佐和子「moonlight」

山ノ内陽介「Extremes rex」

Artists

岡田佑里奈
那須佐和子
山ノ内陽介

開催概要

Kiaf SEOUL 2023
biscuit galleryブース G20

開催期間: 2023年9月6日 (水) –  10日 (日) 

VIP
9月6日 (水)                       13:00 – 20:00
9月7日 (木)                       11:00 – 19:30

一般会期
9月7日 (木)                       13:00 – 19:30
9月8日 (金) – 9日 (土) 11:00 – 19:30
9月10日 (日)                     11:00 – 17:00 

会場: Coex Hall A&B, Grand Ballroom
ソウル特別市 江南区 永東大路 513
Website

カテゴリー
NEWS

【NEWS】スパイラルガーデン「LIFE × ART on paper works」参加のお知らせ / 【NEWS】Spiral Garden「LIFE × ART on paper works」

スパイラルガーデン(東京都渋谷区 スパイラル1F)にて、東京拠点の3ギャラリーによるグループ展「LIFE × ART on paper works」が2023年8月5日(土)より開催されます。

「LIFE × ART on paper works」

biscuit gallery、GALLERY HAYASHI+ART BRIDGE、TAKU SOMETANI GALLERYはこのたび、「LIFE × ART on paper works」をスパイラルガーデンにて開催いたします。

本展示では、紙を支持体に様々な表現を試みるアーティストを紹介いたします。
On paper worksという言葉は、ドローイング、ペインティング、版画、写真、エディション作品と、多様な表現を内包しています。また古くから、簡単なスケッチや作品のアイデア作りの際に作家は紙を使用していたため、より作家の内面に迫れる可能性を秘めているメディウムであるともいえるでしょう。
本展示では、3ギャラリーから16名のアーティストによる作品を発表いたします。紙という支持体が持つ多様性や可能性をこの機会に是非ともご高覧ください。

【出展作家】

biscuit gallery
・坂田桃歌/Momoka Sakata
・少女/SONYO
・中澤ふくみ /Fukumi Nakazawa
・服部芽生 /Mei Hattori
・松浦美桜香 /Mioka Matsuura
・山田美優 /Miyu Yamada

GALLERY HAYASHI+ART BRIDGE
・小野久留美 /Kurumi Ono
・木梨銀士 /Ginji Kinashi
・ケビン・リー /Kevin Lee
・山下源輝 /Genki Yamashita

TAKU SOMETANI GALLERY
・川端健太 /Kenta Kawabata
・小西景子 /Keiko Konishi
・多田恋一朗 /Koiichiro Tada
・田沼利規 /Toshinori Tanuma
・西村涼 /Ryo Nishimura
・やましたあつこ /Atsuko Yamashita

概要

会期: 2023年8月5(土) – 8月12日(土)
開館時間:11:00 ~ 19:00
会場:スパイラルガーデン(東京都港区南⻘⼭5-6-23 スパイラル1F)
詳細:https://www.spiral.co.jp/topics/spiral-garden/lifexart_onpaperworks
主催:LIFE×ART on paper works 制作委員会
会場協力:株式会社ワコールアートセンター

カテゴリー
Art Fair NEWS

ART OSAKA 2023

biscuit galleryは2023年7月に開催されるART OSAKA 2023に出展いたします。

展示会場となる北加賀屋にあるkagoo(カグー)では、岡田佑里奈の個展形式で展覧会を行います。

メインビジュアルに採用されました。

 

概要

ART OSAKA 2023
 〜Expanded セクション
開催日時:2023年7月26日(水)―7月31日(月)

一般公開
26日(水)・27日(木) 13:00―19:00
28日(金)~30日(日) 11:00―19:00
31日(月) 11:00―17:00

会場:kagoo(カグー)
〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋5-4-19
Web:https://www.artosaka.jp/

カテゴリー
NEWS

【NEWS】那須佐和子 「MEET YOUR ART」 出演のお知らせ

マネジメント作家の那須佐和子がYoutubeチャンネル「MEET YOUR ART」に出演します。

「MEET YOUR ART」は、「アートと出会う」をコンセプトとしたアートの専門チャンネルです。

MC:森山未來 
ナビゲーター:小池藍 

配信予定日:
2023年6月9日 19:00

MEET YOUR ART Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/meetyourart

以下サイトにて作品販売も予定しております。

MEET YOUR ART 公式サイト
https://meetyourart.jp

那須佐和子詳細プロフィールはこちら

カテゴリー
NEWS

【NEWS】銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUMにてグループ展開催のお知らせ

銀座 蔦屋書店(東京都 中央区 GINZA SIX6F)にて、8名の若手作家によるグループ展「Intersection」が店内中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて2023年6月17日(土)より開催されます。

山ノ内陽介《A two-headed venus》2023,Oil on canvas,1940×1120mm

 

本展覧会「Intersection」は、作風もコンセプトも全く異なる8人の芸術家たちが「交差する」場です。
世界的混乱に包まれた約4年という月日を経て、人々が再び交差し始めた今、芸術においてもまた様々な交差が起き始めています。文化や人種を超えた世界中の人々が交差し合う東京・銀座に位置する銀座 蔦屋書店の、そのまた中央に位置するGINZA ATRIUMにて、8人の作家たちそれぞれの世界が交差し、ひとつの世界を共につくりあげます。

 

岡田佑里奈《stare 035.》2023,Photo, modeling paste on panel,1620×1300×80mm

カトウ《長い足での少しだけ長い散歩》2023,Oil on canvas,220×273mm

参加作家プロフィール

岡田佑里奈/Yurina Okada
1995年 兵庫県出身
2018年 京都造形芸術大学 卒業
2020年 京都造形芸術大学修士課程 修了

那須佐和子/Sawako Nasu
1996年 東京都生まれ
2021年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2023年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画第一研究室 修了

山ノ内陽介/Yosuke Yamanouchi
1996年 愛知県出身
2019年 名古屋造形大学洋画コース 卒業
2021年 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻 修了

山中雪乃/Yukino Yamanaka
1999年 ⻑野県生まれ
2021年 京都芸術大学 美術工芸学科油画コース 卒業 2023年 京都芸術大学大学院 美術工芸領域 油画領域 修了

森ゆらら/Yulala Mori
1996年 東京都生まれ
2020年 東京藝術大学絵画科油画専攻 卒業
2022年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程第一研究室 卒業

後藤夢乃/Yumeno Goto
1996年 東京都出身
2019年 女子美術大学 卒業
2022年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻第一研究室 修了

勝木杏吏/Anri Katsuki
2008 年 国立音楽大学付属高校卒業
2013 年 多摩美術大学美術学部彫刻学科 卒業
2015 年 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程彫刻専攻 修了

カトウ/Kato
2017年 東京藝術大学絵画科油画専攻 入学
2021年 東京藝術大学絵画科油画専攻 卒業
2023年 東京藝術大学大学院 修士 美術研究科 油画 修了

会場では作品の展示販売が行われます。

開催概要

「Intersection」

会場:銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM(イベントスペース)
           東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
会期:2023年6月17日(土)〜7月4日(火)
   ※終了⽇は変更になる場合があります。
時間:11:00~20:00 ※最終日のみ18:00閉場
入場:無料
主催:銀座 蔦屋書店
協力:biscuit gallery 
お問合せ:03-3575-7755(銀座 蔦屋書店営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp

詳細:https://store.tsite.jp/ginza/

カテゴリー
NEWS

【軽井沢新ギャラリー】biscuit gallery、2店舗目のギャラリー スペース出店のお知らせ

このたび、biscuit gallery(渋谷区松濤)を運営する株式会社biscuitは、軽井沢の追分地区に2店舗目となるスペー スをオープンする運びになりました。新しいギャラリーは「biscuit gallery karuizawa」として、複合施設「s t i l l(シュティル)」の2階に構えます。

biscuit gallery karuizawa ロゴ

新ギャラリーは複合施設「s t i l l(シュティル)」の2階に位置し、東京とは異なるアプローチで若手アーティスト 向けの展覧会を提供します。
新スペース「biscuit gallery karuizawa」では、2023年7月8日スタートで「城蛍 個展」を皮切りに、国内外さま ざまなアーティストによる展覧会が予定されています。

biscuit gallery karuizawa(軽井沢)

biscuit galleryは開業して3年目を迎えますが、東京渋谷での運営とは異なるアプローチによって、若手アーティス トに向けて幅広い展覧会の提供機会を創出するために「biscuit gallery karuizawa」の出店に至りました。 せわしない東京の現代アートシーンと距離を取り、静かにゆっくりと美術と向き合える場所を創りたいと考えまし た。​自然溢れる軽井沢・追分地区に根ざし、ゆったりとした鑑賞体験の場を提供いたします。​

今回入居する「s t i l l(シュティル)」は、⻑野県軽井沢を拠点に、東京・コペンハーゲンにて実店舗を持つ、北 欧家具や雑貨、飲食店を取り扱う株式会社halutaが運営する複合施設です。ドイツ語で「静けさ」を意味する「still 」には、現在家具ショップの他にピッツェリアやレストラン、テーラーが入居しており、今後はホテルやサウナな どがオープン予定です。

s t i l l(シュティル) 外観

設計段階から住宅先進国である北欧の断熱の知識や技術をとり入れ、軽井沢にしては稀な外気に関係なく冬は暖か く、夏は涼しい施設です。建物の窓はトリプルガラス、さらにデンマークから仕入れた樹脂の300倍もの断熱性能 がある木製サッシとロックウールを採用し、通年すごしやすくなっています。 北欧に根づく心の豊かさのある家具や食事を楽しむことが出来る施設内で、アート以外にも楽しめる滞在型施設で す。

近隣にはアトリエ兼住居施設「Atelier BLÅ」も秋頃オープン予定となっており、​アーティストが滞在制作出来る場 所とも連動していきます。

複合施設「s t i l l(シュティル)」とは?​

s t i l lは、家具販売や建築を行う株式会社halutaが運営する複合施設で、ドイツ語で『静寂』という意味。​ 心穏やかに静かに過ごしてほしいという思いから名付けられました。​​ 不特定多数の人を集めるといった従来の複合施設の在り方ではなく、​特定多数の人に限定し、解放された時間の提 供を目指しています。​館内は優れた断熱性能により、一年を通し快適な室内環境を保っています。

アーティストinレジデンス「Atelier BLÅ」

複合施設「s t i l l(シュティル)」の近隣には、アトリエ兼住居施設「Atelier BLÅ」(運営:株式会社haluta)が 今秋オープン予定です。
biscuit gallery karuizawaでは、アーティストが生活をしながら制作活動を行えるアトリエ兼住居施設の提供支援も 行って参ります。

 

【展覧会予定】

今後の展覧会は以下を予定しております。 詳細のスケジュールについては随時発表して参ります。

2023年7月8日(土)〜8月6日(日):城蛍 個展「食卓にて孕む」 ​
2023年8月:井上七海 個展 ​
2023年9月:新井碧・朝⻑弘人 (2人展)
​2023年10月:コレクション展
​2023年11月:⻄浦裕太 個展 ​
2023年12月:International Dialogue (グループ展) ​
2024年1月:海外作家グループ展

【biscuit gallery karuizawa(軽井沢)概要】
店舗名:biscuit gallery karuizawa
所在地:〒389-0115 ⻑野県北佐久郡軽井沢町追分1372­6 s t i l l 2階
営業時間:12:00〜18:00
定休日:火曜日・水曜日
URL:  https://karuizawa.biscuitgallery.com/
Instagram: @biscuitgallery_karuizawa

biscuit gallery karuizawa MAP

【s t i l l(シュティル)概要】
施設名:s t i l l
所在地:⻑野県北佐久郡軽井沢町追分1372­6
無料駐車場:50台

周辺環境: 軽井沢駅>10.3キロ/車14分
御代田駅>2.6キロ/車5分・徒歩29分
MMoP>2.3キロ/車4分
信濃追分文化磁場油や>1.8キロ/車3分
セゾン現代美術館>9.0キロ/車15分

カテゴリー
NEWS

【News】岡田佑里奈「直島旅館 ろ霞 FEATURED アーティスト プログラム第三弾」参加のお知らせ

biscuit galleryマネジメント作家の岡田佑里奈が、直島旅館 ろ霞(か)の主催する「FEATURED アーティスト プログラム第三弾」に参加致します。

「FEATURED ARTIST 第三弾」概要:

2022年 4 月 14 日に開業した直島初の本格旅館「直島旅館 ろ霞(か)」は、若手アーティストが描き下ろした作品を客室に展示・販売する「FEATURED アーティスト プログラム」の第三弾として、客室内に展示するアート作品を刷新しました。写真と絵画を横断する作風が特徴の岡田佑里奈による新作展「Heavenly Flowers」の展示が 4 月 21 日よりスタートしています。



今回の新作「Heavenly Flowers」は、岡田佑里奈が一貫して花をモチーフにして追求してきた「儚さ」を、さらに消化させて、生と死、想像と破壊、瞬間と永遠を、一枚の画面の中に結晶化させた作品となっています。第三弾の作品展示は 2023 年 9月25日までの予定です。

展示後の作品販売においては、ろ霞オープン1周年を記念して、宿泊ゲストだけでなくオンライン上でどなたでもご購入いただけるようになりました。

詳細ページ :https://roka.voyage/news/post-1236/

 

【概要】

直島旅館 ろ霞「FEATURED アーティスト プログラム第三弾」(岡田佑里奈)

会場:直島旅館 ろ霞 (客室内)
〒761-3110 香川県香川郡直島町1234(Google Map
開催日時:2023年4月21日(金) − 2023 年 9月25日 (予定)
詳細:https://roka.voyage/news/post-1236/