カテゴリー
NEWS

【News】岡田佑里奈 Yurina Okada「Art Fair Tokyo2022」参加のお知らせ

biscuit galleryマネジメント作家の岡田佑里奈が2022年3月に開催される「Art Fair Tokyo 2022」プロジェクツ・ブースに出展いたします。

開催期間は2022年3月11日(金)から13日(日)までの3日間です。<10 日(木)は招待日>

【テーマは「Art, art, ART」】
地政学的、そして世代的にも我々は変化の真っ只中にいるように感じます。
抑圧された生活により、社会分断が深まった地域もある一方、
資産価格高騰により、一種の躁状態も引き起こしております。
このように価値観が多様化する中、マーケットで取り上げられる既存のアートや新しく生まれてくる表現も多くの形を見せています。

このように表現を通して、変化し、多様化している世界の価値を体感できるのが、アートの素晴らしさです。この多様なアートの中でも、確かなものを皆様に御提供する「アートフェア東京 2022」のテーマは「Art, art, ART」。

AFT2022 Yurina Okada

岡田佑里奈《Dream in out 041》2021年 162×130×8cm

【アーティストプロフィール】

岡田佑里奈|Yurina Okada

 width=

1995年9月 兵庫県出身
2018年3月 京都造形芸術大学 卒業
2020年3月 京都造形芸術大学修士課程 修了

岡田佑里奈の作品は絵画、そして写真の領域を横断しながら次世代にあるべき平面作品の可能性について問いを投げかけます。草花や同世代の女性を被写体にした写真を転写の技法によって平面化し、そこに現れたクラックに塗料を流し込むというプロセスを経過する彼女の作品は、写真と絵画の双方の工程を含みながらも、しかしそのどちらにも傾かず、それらはむしろ物体の強度と精緻さを手仕事によって丹念に突き詰めるという、どこか工芸的な性格を伴いながら新しい領域を示唆しています。その固有のマチエールはロシア・アバンギャルドの作家らのような、表面効果への工夫を思い起こさせる一方、岡田が作品について「全ては朽ちていく、という考えがある」と話しているように、そこには岡倉天心が茶湯文化に指摘した「不完全性の美」のような茶湯的、日本的な美学にも通ずる精神があると言えるでしょう。

 

【開催概要】

Art Fair Tokyo 2022

会場:東京国際フォーラム ホールE/ロビーギャラリー
東京都千代田区丸の内3-5-1(Google Map
開催日時:2022年3月11日(金) − 13日(日)<10 日(木)は招待日>
詳細/チケット申込:https://artfairtokyo.com

カテゴリー
NEWS

【メディア掲載】「日本画」と現代アートの隔たりはなぜ生まれたか。グループ展「re」 座談会

2022年1月、biscuit galleryにて開催されたグループ展『re』の出展作家による座談会記事がWEB版美術手帖に掲載されました。

https://bijutsutecho.com/magazine/interview/oil/25057

カテゴリー
NEWS

【グループ展】biscuit gallery group exhibition 「exhibition from shu」

このたびbiscuit gallery では、4名のアーティストによるグループ展 「exhibition from shu」を、2022年1月27日(木)から2月6日(日)の会期にて開催致します。

コロナ禍の2021年初頭からシェアアトリエとして始動した「shu」。「shu」とは丈夫で強い樹木として知られる「柊(ヒイラギ)」から命名されました。

木々の下には陰を求めたり、雨風を凌いだり、憩いの場を求めて人々が集まりますが、そのような「人が集まる場」をコンセプトとして、現在5名の作家が制作活動を行なっています。

本展は、地元京都や東京をはじめ、その他様々な場所で活動するアトリエ「shu」所属の作家4名が集い、3フロアでの展示を組み立てます。

 

【アーティストプロフィール】

岡田 佑里奈 | Yurina Okada
1995年兵庫県生まれ。

2018年京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)卒業、2020年3月京都造形芸術大学修士課程修了。

アトリエ「shu」代表。

岡田佑里奈の作品は絵画、そして写真の領域を横断しながら次世代にあるべき平面作品の可能性について問いを投げかけます。草花や同世代の女性を被写体にした写真を転写の技法によって平面化し、そこに現れたクラックに塗料を流し込むというプロセスを経過する彼女の作品は、写真と絵画の双方の工程を含みながらも、しかしそのどちらにも傾かず、それらはむしろ物体の強度と精緻さを手仕事によって丹念に突き詰めるという、どこか工芸的な性格を伴いながら新しい領域を示唆しています。その固有のマチエールはロシア・アバンギャルドの作家らのような、表面効果への工夫を思い起こさせる一方、岡田が作品について「全ては朽ちていく、という考えがある」と話しているように、そこには岡倉天心が茶湯文化に指摘した「不完全性の美」のような茶湯的、日本的な美学にも通ずる精神があると言えるでしょう。

藤本 純輝 | Atsuki Fujimoto
1997年三重県生まれ。

2021年京都芸術大学大学院修士課程美術工芸領域油画分野修了。
支持体である布を重ねたり剥き出したりと、モチーフの持つ固有の性質と互いに補完しあえるように慎重に選択・手入れを重ね絵画を創造する。連続して配置された絵具の塊や、剥き出された布と奥行きを持った素材の質感は草木や花の様相と変容し合い、展示空間に草花が群生している庭の光景を創出する。

松岡 柚歩 | Yuzuho Matsuoka
1996年兵庫県生まれ。
2021年 京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)修士課程芸術研究科美術工芸領域油画専攻修了。

パターンの層は、絵の具で形作られた絵そのものであるという面と、パネルと抽象的な形の絵の具の間に挟まることで生まれる新しい支持体としての面を持ち合わせている。そのどちらとも規定されていない以上、視覚情報から得るものと記憶にずれが生じる。曖昧な視点から見るものは、不安定であるからこそ新しい景色が見える。

三浦光雅 | Koga Miura
1997年東京都生まれ。2021年京都芸術⼤学⼤学院修⼠課程美術⼯芸領域油画分野修了。

「偶然性・無作為性・手作業と機械作業の境界・労働」をテーマに、主に平面作品を制作している。乱数による指示を元にイメージを作り上げていく方法は、制作過程で生じる躊躇いを排除し、無意識的で純粋な行為を映し出すためのものである。機械的に引かれた線にも固有の表情が生まれるように、淡々とした日常を見つめ直すために制作する。

■開催概要

biscuit gallery group exhibition
「exhibition from shu」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
参加アーティスト:岡田 佑里奈、藤本 純輝、松岡 柚歩、三浦光雅
会期:2022年1⽉27⽇(木)〜2⽉6⽇(⽇)
時間:13:00〜19:00(土日祝:12:00〜18:00)※月〜水曜日は休廊
主催:biscuit gallery

カテゴリー
NEWS

【山ノ内 陽介】個展「Glossy Pure Stroke」開催のお知らせ

山ノ内陽介がCANDYBAR Gallery(京都)にて個展「Glossy Pure Stroke」を開催致します。

本展では、新作の絵画を展示予定です。

【開催概要】

山ノ内 陽介 個展「Glossy Pure Stroke」

会場:CANDYBAR Gallery(京都)
会期:2021年12月4日(土)~12月26日(日)
営業時間:水– 土 14:00-20:00 / 日 12:00-18:00
休廊日:月、火
入場料:無料
展覧会サイト:「Glossy Pure Stroke」情報

 

カテゴリー
NEWS

【永田優美】 グループ展「金魚空間9周年記念展 星野有紀x永田優美x桜井旭」参加のお知らせ

 

永田優美が金魚空間(台湾)にて開催されるグループ展「金魚空間9周年記念展 星野有紀x永田優美x桜井旭」に出展いたします。

本展では、新作の絵画を展示予定です。

【開催概要】

「金魚空間9周年記念展 星野有紀x永田優美x桜井旭」参加のお知らせ

参加作家:星野有紀、永田優美、桜井旭

会場:金魚空間(台湾)
会期:2021年11月13日(土)~11月28日(月)
営業時間:13:00〜18:00
休廊日:月曜・火曜
入場料:無料
展覧会サイト:https://www.kingyokookan.com/exhibitions/2021/10/24/9-xx

 

カテゴリー
NEWS

【山ノ内陽介】 グループ展「第6の予言 “The 6th prophecy -The first sentence-“」参加のお知らせ

 

山ノ内陽介がKITTE4Fにて開催されるグループ展REAL by ArtSticker「第6の予言 “The 6th prophecy -The first sentence-“」に出展いたします。

本展では、新作の絵画を7点展示予定です。

山ノ内陽介《肉》F6号 oil on canvas

山ノ内陽介《Mindfulness》 S4号 油絵キャンバス

【開催概要】

REAL by ArtSticker「第6の予言 “The 6th prophecy -The first sentence-“」

参加作家:薄久保香・山ノ内陽介・五十嵐大地

会場:KITTE 4F(東京都千代田区丸の内2丁目7-2)
会期:2021年9月11日(土)~9月20日(月)
営業時間:11:00〜20:00
休廊日:会期中なし
入場料:無料
展覧会サイト:https://artsticker.app/events/689

カテゴリー
NEWS Note

【Art×Fashion】アートコレクター柵木頼人氏によるアーティストコラボ企画「mm’s」

mm’s

アートコレクター柵木頼人氏が届ける、良質な素材でアーティストとのコラボTシャツを制作しているブランド「mm’s(ミリズ)」。

2019年に制作されたコラボ企画のうち、やましたあつこ、ならびに平子雄一のアーティストTシャツを販売いたします。

※biscuit gallery内での限定販売となります。

 

Quality

国内最高峰の技術を要して作成したオリジナルTシャツです。

生地を織り成す糸を選定する所からはじめる事で、 キャンバスの様なしっかりとした質感と肌触りのよさを実現し、 Tシャツが身体との距離感を保ちつつもフィットする様に考慮されたシルエットは 一つの作品を思わせる美しさです。

 

 

僕は洋服を作る仕事を長い事しています。


コレクターとしてアートの世界と向き合う中で、よく見るアーティストグッズのTシャツのクオリティーに違和感を感じていました。


アーティストの、作品は素晴らしいのにこのTシャツだと勿体無いなと感じる事が多々あり、僕の背景を生かして何か出来ないかと思う中でアーティストに対するリスペクトを込めて高品質のTシャツを企画させて頂きました。


作品を纏う様に着用して楽しんで頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。  柵木

Artists

平子雄一 Yuichi Hirako

平子雄一×mm’s コラボTシャツ

平子雄一×mm’s コラボTシャツ

証明書(直筆サイン・エディションナンバー)

やましたあつこ Atsuko Yamashita

第1弾として、やましたあつこが書き下ろした油彩作品の世界感を忠実に表す為に 6枚の版を使いシルクスクリーンで表現しました

やましたあつこ×mm’s コラボTシャツ

やましたあつこ×mm’s コラボTシャツ

Size

 

概要

mm’s(ミリズ)

平子雄一 Yuichi Hirako コラボTシャツ(2019)
・証明書(直筆サイン・エディションナンバー)

各サイズ×10枚限定生産
S size(66×103×41.5)
M size(69×108×44)
L size(72×113×46.5)

やましたあつこ Atsuko Yamashita コラボTシャツ(2019)
・水彩ドローイング付
・証明書(直筆サイン・エディションナンバー)

各サイズ×10枚限定生産
S size(66×103×41.5)
M size(69×108×44)
L size(72×113×46.5)※sold out

※本商品は、ギャラリー内でのみ販売対応いたします。数に限りがございます。

カテゴリー
NEWS

【News】biscuit gallery オープンのお知らせ

2021年3月12日にbiscuit galleryがオープンします。ぜひお立ち寄りください。

カテゴリー
NEWS

【News】2021年3月12日からグループ展を開催いたします。

2021年2月25日 (木)

biscuit galleryは2021年3月12日にオープニングエキシビジョンとして、グループ展を開催いたします。

biscuit gallery Opening Exhibition I