カテゴリー
Note

奥岡新蔵氏によるテキスト

「アーティストが表現者であるように、ギャラリーもまた表現者である」と筆者は信じているタイプなのですが、その意味でいうと、それがどういったものであるかは後述するとして、今回こうして1周年を迎えたbiscuit galleryの軌跡を振り返ると、そこにもまた一つの表現、創造、あるいは信念のアウトプットのようなものが見出せるように思えます。

アーティストは主には作品によって自らのアイデンティティを示しますが、ではギャラリーの個性とはどこに宿っているのか、何が彼ら/彼女らを他と線引きし、際立たせ、特徴付け、そしてそれはどのように表現されるのでしょうか。もちろん答えは人それぞれでしょうけれど、とはいえ一つだけ例を挙げるなら、それはオーナーもしくはディレクターの審美眼というか、アーティストを選ぶにあたって働くレギュレーションの有無であり、また展覧会という場所をクリエイトすることによってこそではないかと考えます。

では、数ある若手ギャラリーのうち、なかでもbiscuit galleryのIDとはいったい何か。少し婉曲に言うなら、それは時代に対する貪欲さのように思います。現在進行形で形成され、展開されている日本のアートシーンを捉え、分析し、マッピングすること、しかもそれらを大きなスケールと速度でやってのける行動の根っこにある貪欲さこそ、biscuit galleryの魅力であり強さの由来のように思うのです。「今、この時代にはどんなアーティストがいるのか?」という純粋無垢な問いから歩みをスタートさせる、言わば時代と呼応しながらスタイル・メイクをするこのギャラリーの守備範囲は、だからこそ一見すると一つのギャラリーが抱えるには手に余るほどに広く見えますが、とはいえそれは無作法の所業ではなく、もう少し視点を高くすると違って見えて来るように思います。

たとえば、2000年代初頭の中国で生まれたVitamin Creative Spaceというプレイヤーがいます。このスペースは中国の伝統的な哲学・思想・文化と現代美術の関係をスタディし、マッシュアップさせた活動を展開させ、今やスペース自身もそこからキャリアをスタートさせたアーティストも国際的なステージに立つほどになりました。先ほどの「もう少し高い視点」とは、つまりこのプレイヤーが持っているような世界観であり、言い換えるならば、グローバルな世界とローカルな自分自身の関係性を俯瞰できるポイントのことです。

現在、私たちの世界観は一見すると非常にシームレスになり、ボーダレスになり、グローバルという一つのマス・ソサエティーへ再定義されつつあるように思います。80年代からエドワード・サイードらの言説によって多様性の議論は醸造され、ネットカルチャーやメタバース的な発想は質量に隔たれた世界から新しい統合的な場所性を示唆し、または地球規模の課題の登場などによって「海の向こうの世界」もしくは「私たちとは関係がなかった(ように見えた)世界」との繋がりが生まれるなど、いろいろなことの積み重ねによって私たちは新たに「グローバルな世界で生きている私たち」という人称を獲得している、というふうに筆者は感じます。

だからこそ、何をするにも、今や世界的な水準やルールが求められがちです。そして、その「大きな世界観」の認識必要性は、きっとアートも同じなのでしょう。現代美術は間違いなく西欧を拠点に生まれ、広がり、保たれている領域ですが、とはいえ門戸自体は非西欧圏にももちろん開かれ、今やグローバル(=西欧圏)とローカル(=非西欧圏)の距離は以前よりもずっと近づいたと言えるでしょう。では、そんなより大きなステージに立つとき、そして日本人という立場から美術に関わるときにはどんなアティチュードが必要になるでしょうか。思うに、西欧のプレイヤーから学び過ぎることはかなずしも利益ばかりでないように感じます。世界へ足を一歩か二歩進めたとき、そこにはすでに無数のプレイヤーがおり、彼ら/彼女らは分厚い、長い時間をかけてエディットされてきた自分たちの(つまり西欧人の)美術の歴史という地面にしっかりと足を支えられ、かつ話の全てはそれに沿って進んでいることに気がつくはずです。要するに、たとえその気がなくとも、西欧のプレイヤーから学ぶことが多ければ多いほど、あるいはそれを行動に移せば移すほど、それは単なる「向こうの人たち」のイミテーションとして認識されてしまう可能性が高いように懸念するのです。

だいぶ逸れてしまいましたが、しかし話はbiscuit galleryの表現性、またそのアーティスト・セレクトの幅の広さであったと思います。先の話を踏まえると、アートのプレイヤーに必要なことの一つは「大きな世界観」の認識です。そして、その次には、思うにポジショニングの確認でしょう。日本というローカルにいること、あくまでも世界の一部分に過ぎない場所にいることの自覚であり、また「大きな世界で戦うため、自分が持っているもののうちで活かせるものはいったい何か」という問いでしょう。周りくどくて恐縮ですが、言いたいのは、biscuit galleryのこの1年の活動はある種のエクスプローラではないか、ということです。

より大きな世界で戦おうとするとき、またそのための準備をしようとするとき、これまでの話の通り必要なのは身の回りの世界を知ることです。そしてギャラリストの仕事とは、その多くがアーティストとともに実現されます。「世界のアートシーンにいくため、まずは今の時代の自国のアート、アーティストを知る」というPoC的なアクションが、この1年を通してbiscuit galleryが実践してきたことのように思うのです。先ほどの「時代に対する貪欲さ」とは、つまり、自分が生きている時代とそこにいるアーティストを徹底的にスタディするためのエネルギーに他なりません。冒頭のフレーズに戻ると、もはや言わずもがなかもしれませんが、biscuit galleryが描いているのはこの国の、そしてこの時代の現代美術という、あまりにも王道的なテーマに基づいたものであると、筆者はそのように考えています。

奥岡新蔵

カテゴリー
representated artists

岡田 佑里奈/Yurina Okada

岡田佑里奈/Yurina Okada

岡田佑里奈

プロフィール

岡田佑里奈 (Yurina Okada)

1995年 兵庫県出身
2018年 京都造形芸術大学 卒業
2020年 京都造形芸術大学修士課程 修了

主な展示歴

【個展】
2022
-Art Fair Tokyo 2022 プロジェクツ部門 個展, 東京
2021
-「Walk in a dream 」ARTDYNE Tokyo, 東京

【グループ展】
2022
-biscuit gallery first anniversary exhibition 「grid」biscuit gallery, 東京
-「exhibition from shu」 biscuit gallery, 東京
2021
-Up_01 銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM, 東京
-TEZUKAYAMA GALLERY /VIEWING ROOM (展示)大阪
-y-Generation Ⅶ 西武渋谷店, 東京
-「Opening exhibitionⅠ」biscuit gallery, Tokyo
-ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 京都文化博物館別館 他京都
-「It’s gonna be AWESOME!」  YOD Editions, 大阪
2020
-ホテルアンテルーム那覇(展示), 沖縄
-「燦三と照りつける太陽で、あつさ加わり体調を崩しがちな季節ですが 規則正しく健やか奈日々をお過ごしください。展」(展示), 東京
-SHIBUYA STYLE vol.14 (展示), 東京
-MEDEL GALLERY SHU (展示), 東京
2019
-スターバックス京都BAL店(常設), 京都
2018
-ART AWARD MARUNOUCHI 2018 展示, 東京

受賞歴

2019
The Art of Color DIOR 2019 (入選、展示), フランス
2018
ART AWARD MARUNOUCHI 2018(後藤繁雄賞受賞), 東京
2017
TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD#7(後藤繁雄賞受賞), 東京

Overviews

岡田佑里奈の作品は絵画、そして写真の領域を横断しながら次世代にあるべき平面作品の可能性について問いを投げかけます。
草花や同世代の女性を被写体にした写真を転写の技法によって平面化し、そこに現れたクラックに塗料を流し込むというプロセスを経過する彼女の作品は、写真と絵画の双方の工程を含みながらも、しかしそのどちらにも傾かず、それらはむしろ物体の強度と精緻さを手仕事によって丹念に突き詰めるという、どこか工芸的な性格を伴いながら新しい領域を示唆しています。
その固有のマチエールはロシア・アバンギャルドの作家らのような、表面効果への工夫を思い起こさせる一方、岡田が作品について「全ては朽ちていく、という考えがある」と話しているように、そこには岡倉天心が茶湯文化に指摘した「不完全性の美」のような茶湯的、日本的な美学にも通ずる精神があると言えるでしょう。

カテゴリー
NEWS

【News】biscuit gallery オープンのお知らせ

2021年3月12日にbiscuit galleryがオープンします。ぜひお立ち寄りください。

カテゴリー
Artists

五十嵐 大地/Daichi Igarashi

五十嵐 大地/Daichi Igarashi/

五十嵐 大地

Profile

五十嵐 大地(Daichi Igarashi)

1996年 東京生まれ
2016年 東京芸術大学入学
2020年 東京芸術大学大学院 油画第6研究室在学

展覧会実績

個展

2022年 「gjallarhorn」biscuit gallery
2019年 「未完の花園」 gallery fu
2018年 「one work show 五十嵐大地展」 みうらじろうギャラリー

グループ展

2022.3.3~3.13 biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」
2022.1.28 – 2.2. 第70回 東京藝術大学卒業・修了作品展
2021.3.12~3.28 biscuit gallery Opening Exhibition I
2020.1.28-2.2 第68回東京芸術大学卒業制作展
2019.11.26-12.8 SHIBUYASTYLE Vol.13  西武渋谷 美術画廊
2018.12.1-12.23 gift-Green box- gallery fu

  • 2019年

    Cut flowers

    1620×1303mm

  • 2019年

    Drawing 1

    89×127mm

  • 2019年

    Self portlait

    455×380mm

カテゴリー
Artists

清川 漠/Baku Kiyokawa

清川 漠/Baku Kiyokawa

Profile

清川 漠 (きよかわ ばく)
1996年 東京出身
2020年 女子美術大学芸術学部美術学科洋画専攻 卒業

主な展示歴

2021
個展
「境界線に鋏」銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー/東京
「清川漠展」日本橋三越本店美術サロン/東京
「空々漠漠」cocoto/京都
「withdrawal」亀戸アートセンター/東京

グループ展
「SICF21 Winners Exhibition」スパイラルエスプラナード/東京
「奈落で水を飲む」KATA/東京
「 線と_ 」Artas Gallery/福岡
「biscuit gallery Opening Exhibition」biscuit gallery/東京
「買える!アートコレクター展Collectors’ Collective vol.3」MEDEL GALLERY SHU/東京

2020
「CAF賞2020」代官山ヒルサイドフォーラム/東京
「100人10」ログズビル/東京
「Rich Seasons III」オリエアート・ギャラリー/東京
「SICF21」スパイラル/東京
「第43回東京五美術大学連合卒業・修了制作展」国立新美術館/東京

受賞歴

「CAF賞2020」入選
「SICF21」田中景子賞受賞

作家ステイトメント

線を引く行為における瞬発性、偶然性、ダイナミズム。表出した感情を瞬間的に押し固め一種の彫刻のように永続的な形で鑑賞者に提示する。

カテゴリー
Artists

トモトシ/Tomotosi

トモトシ/Tomotosi

プロフィール

トモトシ

豊橋技術科学大学を卒業後10年近く建築/都市計画に携わる。
2014年より映像インスタレーション作品を発表。
2020年より西荻窪にトモ都市美術館(現TOMO都市美術館)を企画運営。主な展覧会に「ヘルニア都市」(TOMO都市美術館 2020)、「有酸素ナンパ」(埼玉県立近代美術館 2019年)、「あいちトリエンナーレ2019」(豊田市 2019年) 、「tttv」(中央本線画廊 2018年)、がある。

作家ステイトメント

ぼくは「都市空間や公共ルールに歪みを生むアクションを行い、人の動きが変容する瞬間を記録する」ことで制作をしている。 アーティストとしてのこの態度は、デザイナーとして建築/都市計画に長年携わって辿り着いた、「建築や都市の完璧なデザインはありえない」という結論から育まれている。人間の、無限にある感情や振る舞いを余さず取り込んで形態化することは不可能なのだ。

都市はもともと不完全なものなのだと分かったときから、都市の使い方自体を更新していくことに関心が移った。それ以来ぼくはデザイナーを辞め、アーティストとして新しい都市の使い方の開発を目論んでいる。

カテゴリー
Artists

中澤 ふくみ/Fukumi Nakazawa

中澤 ふくみ/Fukumi Nakazawa

中澤 ふくみ

プロフィール

中澤 ふくみ(なかざわ ふくみ)

1996年4月生まれ
高知県出身
エストニア芸術アカデミーアニメーションコース修士課程

経歴

2015年4月 土佐高等学校卒業
2015年4月 京都造形芸術大学油画コース入学
2017年2~8月 ウィーン美術アカデミー交換留学
2019年3月 京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース卒業
2020年8月 エストニア芸術アカデミーアニメーションコース入学

受賞歴

2018年11月 「国際瀧富士美術賞」優秀賞受賞
2019年2月 「京都造形芸術大学卒業展」美術工芸学科学長賞受賞
2019年6月 「アートアワードトーキョー丸の内2019」後藤繁雄賞受賞
2019年10月 「高知県展」特選、県美術振興会奨励賞受賞
2020年6月~ クマ財団奨学生

展覧会実績

2015年8月 TOSA美術アカデミー展(グループ展)高知市文化プラザかるぽーと、高知
2015年11月 国際交流展「ドキドキ」(グループ展)cumonogallery、京都
2016年5月 国際交流展「encounter」(グループ展)食堂ルインズ、京都
2016年6月 「おまえと誰か」(個展)京都造形芸術大学、京都
2016年7月 「ななしのほし」(グループ展)京都造形芸術大学、京都
2016年7月 TOSA美術アカデミー展(グループ展)高知市文化プラザかるぽーと、高知
2016年11月 国際交流展「MULTI」(グループ展)ギャラリー知、京都
2017年1月 「oneroomノマドの現在地」(グループ展)嵯峨芸術大学、京都
2017年8月 「TschauRagazzi」(グループ展)ウィーン美術アカデミー、オーストリア
2018年4月 「嬉々として奇形していく」(個展)いのくま亭、京都
2019年2月 「京都造形芸術大学卒業展」(グループ展)京都造形芸術大学、京都
2019年2月 「宇宙船地球号」(グループ展)東京都美術館、東京
2019年5月 「嬉々として奇形していく」(個展)galleryE、高知
2019年6月 「アートアワードトーキョー丸の内2019」(個展)行幸地下ギャラリー、東京
2019年6月 「中性になって飽和する」(個展)galerie16、京都
2019年10月 「LittleCloud」(グループ展)上之町會舘、岡山
2019年10月 「小さいわたしたち Whoarewe?」(グループ展)+1art、大阪
2019年10月 高知県展(グループ展)高知文化プラザかるぽーと、高知
2020年11月 「見えない世界invisibleworld」(グループ展)+1art、大阪

カテゴリー
Artists

森井 沙季/Saki Morii

森井 沙季/Saki Morii

森井 沙季

プロフィール

森井 沙季(もりい さき)

1996 年 兵庫県生まれ

経歴

2019 年 京都造形芸術大学油画コース 卒業
2021 年 京都芸術大学大学院
(旧:京都造形芸術大学大学院)彫刻・立体造形分野
卒業

グループ展

2020 年「ARTIST’S FAIR KYOTO 2020」京都文化博物館別館 (京都)
2019 年「Artistʼs Tiedeland KYOTO」新宿伊勢丹メンズ館8階(東京)
2019 年「A-Lab Artist Gate 2019」あまらぶアートラボ A-Lab (兵庫)
2017 年 Exhibition#001「いま、絵を ということ。」京都造形芸術大学(京都)

作家ステイトメント

人が何かを願った時に抱く期待に包まれた煌びやかな「理想」と、その実現が脅かされ た時に抱く不安を帯びた仄暗い「虚構」。他者に愛を求めて得られる「安堵」と、他者が 自分の中に侵入するのではないかという「恐怖」。我々の脳内では、常にこのような相反する要素が共存し、互いを飲み込み合いブラッシュアップの作業を繰り返す。私が想像するその光景は、流動的で動画のようでもあるが、その動きは鈍く、可変性を持ちながらも感情の重みが足枷となり、じりじりと磁気を発する静止画のようでもある。私にとって絵の具を重ねる行為は、複雑に積み重なる質量を持つ感情のレイヤーをかける事である。絵 画という限られた空間の中で、人々の内部に有する混沌とした世界の光景を表現している。

カテゴリー
Artists

石井 海音/Amane Ishii

石井 海音/Amane Ishii

石井 海音

プロフィール

石井 海音(いしい あまね)

1994年、大阪府出身。
制作の際には、幼い頃の記憶や日常生活の中にある もの、漠然とした不安などの個人的経験と、そこから少し離れた、実際に存在 しないようなキャラクターを物語的に構成して画面を作る、という。

受賞歴

2020 年京都市立芸術大学作品展にて大学院市長賞を受賞。

作家ステイトメント

絵画は物質感を持った複製不可能な形式である。これは私たち人間の命の形式と通じている。また、ディスプレイ上で見る画像や直線的で一方的な 時間を持つ動画とは違って、絵画には循環的な時間があり、物質感を持つがゆえに対峙して見つめ合うことができる。
-石井海音-

カテゴリー
Artists

山田 康平/Kohei Yamada

山田 康平/Kohei Yamada

山田 康平

プロフィール

山田 康平(やまだ こうへい)

1997年大阪府生まれ。
2020年度武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。
同年、京都芸術大学修士課程美術工芸領域油画専攻入学。

受賞歴

2019年「学生選抜展」奨励賞、「FACE展」入選。
2020 年 CAF賞。

個展

2022年
「それを隠すように」biscuit gallery(東京)
MtK Contemporary Art(京都)
京都岡崎 蔦屋書店  ギャラリースペース(京都)

2021年
代官山ヒルサイドテラスアネックスA(東京)

2020年
ギャラリー美の舎(東京)

作家ステイトメント

私は絵を描く時に、オイルを画面にたっぷりと垂らしてから筆を動かし始める。そうすることで、画面の中ではノイズを保ちながら、絵の具が滲み、垂れ、混ざることで様々な記憶、記号が湧き上がってくる。四角い画面の中で絵にするために、形になるものとならないものの行き来を画面の中で行っている。