カテゴリー
Exhibition

biscuit gallery 3rd anniversary exhibition「grid3」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、2024年2月24日より、開廊3周年記念のグループ展、biscuit gallery 3rd anniversary exhibition「grid3」を開催いたします。

biscuit gallery 3rd anniversary exhibition「grid3」

2021年3月にオープンしたbiscuit gallery(渋谷区松濤)は、来たる2024年3月で開廊3周年を迎えます。

本展「grid3」はこれまでのbiscuit gallery展示作家、2024年に展示する作家、注目の作家を50名以上迎え、3周年記念のグループ展として開催いたします。 展覧会は前期と後期に分けられ、前期が2/24(土)〜3/17(日)、後期は3/23(土)〜4/14(日)に開催されます。さらに、今回はbiscuit gallery karuizawa(軽井沢)、京都 蔦屋書店との同時開催も実現。3会場に渡り、広く展開して参ります。

3周年記念グループ展「grid3」の展示方法はこれまでと同様、1作家につき1つの壁面、1つの展示台に作品を展示するスタイルです。壁面ごと、展示台ごとに区切られたスペースで表現される、注目の美術作家それぞれの作品を楽しんで頂けましたら幸いです。

「grid3」メインビジュアル designed by Takatsugu Saito

【展示作品の販売について】

「grid3 前期」作品販売は2024年2月25日(日)19:00までは、
エントリー制とさせていただきます。下記リンク先よりお申し込みください。
Please a request for purchase for “grid3 first-half” from the link below by 19:00 on Feb. 25th, 2024

grid3 前期作品リスト / grid3 first-half price list

また、本展で作品購入いただいた皆さまにはgrid3 special tote bagをプレゼントいたします。

杉田万智《WE ARE ALL HUMAN no.2》 1455×1120 mm 2024

【grid3 開催概要】

grid3
biscuit gallery 3rd anniversary exhibition

会場:biscuit gallery(渋谷)
会期:2024年2月24日(土)〜4月14日(日)
※前期:2/24〜3/17・後期:3/23〜4/14

前期プレビュー:
2024年2月23日(金・祝)15:00〜19:00
※これまでbiscuit galleryで購入した実績のある方はご入場頂けます。

後期プレビュー:
2024年3月22日(金)15:00〜19:00
※これまでbiscuit galleryで購入した実績のある方はご入場頂けます。

3rd Anniversary Party
2024年2月23日(金・祝)17:00〜20:00
会場:ギャラリー近隣店舗
※これまでbiscuit galleryの展示に関係してくださった作家の皆さまも是非お越しください。

【前期参加作家:2/24〜3/17】

網代幸介、安藤由莉、海老原イェニ、岡田佑里奈、奥木電助、KAYA、北島麻里子、工藤時生、斉藤七海、下村悠天、杉田万智、辻一徹、仲衿香、長田沙央梨、永田優美、那須佐和子、林果林、松本崇宏、三代宏大、三原秋奈、森博幸、森ゆらら、森川瑳久、山田美優、山田優アントニ、山ノ内陽介、Rhee Donghoon、廖元溢、渡邊涼太

【後期参加作家:3/23〜4/14】

AD、井上りか子、大澤巴瑠、岡本ビショワビクラムグルン、花月啓祐、笠井麻衣子、後藤夢乃、古西穂波、张霆、角田笑香、中澤ふくみ、那須佐和子、西浦裕太、フカミエリ、福原優太、藤田野々、布田葉太郎、ポポーススィ、松岡日菜子、松田ハル、丸山恭世、三浦光雅、ミノリ、本岡景太、森ゆらら、山口遼太郎

biscuit gallery karuizawa
会期:2024年3月14日(木)〜4月8日(月) 
※前期:3/14〜3/25・後期:3/28〜4/8

参加作家:
【前期参加作家:3/14〜3/25】
奥木電助、古西穂波、長田沙央梨、永田優美、三代宏大、森博幸、森ゆらら

【後期参加作家:3/28〜4/8】
AD、花月啓祐、KAYA、那須佐和子、林果林、松岡日菜子、三原秋奈

京都 蔦屋書店 (6F ギャラリー)
会期:2024年3月16日(土)〜4月7日(日)
※前期:3/16〜3/26・後期:3/28〜4/7

参加作家:
【前期参加作家:3/16〜3/26】
奥木電助、北島麻里子、古西穂波、斉藤七海、中澤ふくみ、長田沙央梨、松岡日菜子、丸山恭世、三代宏大、森博幸、森ゆらら

【後期参加作家:3/28〜4/7】
AD、大澤巴瑠、岡本ビショワビクラムグルン、KAYA、那須佐和子、林果林、フカミエリ、松田ハル、三浦光雅、ミノリ、三原秋奈、山口遼太郎

メインビジュアルデザイン:齊藤 隆嗣
作品設置監修:福原 優太

協力:SH GALLERY、京都 蔦屋書店
主催:biscuit gallery

 

カテゴリー
Exhibition

biscuit gallery Curator Projects 第2弾企画〜waxogawaキュレーション グループ展「帰路にまざまざと知る」/ biscuit gallery Curator Projects Vol. 2 − Group Exhibition Curated by waxogawa “enlighted things in a way to home”

この度、biscuit galleryでは、若手キュレーターの活動支援企画「biscuit gallery Curator Projects」第2弾として、waxogawaキュレーションによるグループ展「帰路にまざまざと知る」を開催致します。会期は2024年2月1日より、biscuit gallery3フロアにて開催予定です。

2月3日(土)には、キュレーターwaxogawaと布施琳太郎によるトークショー「長い沈黙。」[Long silence.]も開催致します。

biscuit galleryは、2022年から若手キュレーターの活動を支援するための企画「biscuit gallery Curator Projects」を開始しました。初回は松江李穂(現・埼玉近代美術館学芸委員)がキュレーションを務めた、菊谷達史氏と前田春日美氏の2人展「影をしたためる notes of shadows」が2022年9月に開催されました。

展覧会は好評を博し、その後、広く新たなプロジェクトの提案を募集し、多くの応募が寄せられました。その中から選ばれた新しい企画が今回開催する、waxogawaのキュレーションによるグループ展「帰路にまざまざと知る」です。企画の強さだけでなく、企画の内容や実現に向けた具体的な計画やアクションプランなどの記載が現実的だったことが選抜理由です。

展覧会に参加するのは、Christos Mavrodis(オランダ)、袁方洲(中国)、田中小太郎、Lily Spacey、添田奈那、ペロンミ(いずれも国内)の6名です。会期は2024年2月1日より2月18日まで開催いたします。

 

作品リスト

 

袁方洲「海のあおをここに持ってくる」glass, 230×610×410mm, 2020

今回キュレーターを務めるwaxogawaは、現在慶應義塾大学政策・メディア研究科に在籍中。これまでの展示歴に「cubed of conjunction」(2022、新宿眼科画廊)「kɯ̟ᵝzɨᵝɾe̞^崩れ」(2023、デカメロン)などがあります。

先天性重度の難聴を持つwaxogawaは、特定の領域に所属せず、アカデミアや美術教育の周縁として、またマジョリティ/マイノリティの周縁としての立場から、これまでキュレーション企画を立ち上げてきました。

waxogawa 過去展示から。kɯ̟ᵝzɨᵝɾe̞^崩れ(2023、デカメロン)より。

展示タイトルにある「帰路」は、waxogawaが幼少期に経験した言語訓練の帰り道——両親の送り迎え、往復5時間かけて病棟へと通った毎週の記憶、高速道路のテールランプの連なり、言語獲得のプロセスを通じた社会への開かれ——を象徴しています。

本企画には、自身の立場や経験から「ひとりで孤独に嬉しく立ちすくむこと」を実践したいという、waxogawaの想いが込められています。

そんなwaxogawaの想いに賛同した6名の作家達の新作を、本展ではbiscuit galleryの3フロアを使い発表いたします。

本企画は今後も継続して開催を予定しております。

 

キュレータープロフィール

小川楽生 | waxogawa

2001年生まれ、先天性重度両耳難聴者。言語訓練により言語を獲得。慶應義塾大学政策メディア研究科修士課程在籍中。

これまで、東京大学AMSEA・社会を指向する芸術のためのアートマネジメント育成事業第3期生、および地域芸術祭「みなとメディアミュージアム」共同代表として、アートマネジメント理論・実践を試みる。 現在は山梨県・河口湖に位置するアーティスト・ラン・レジデンス「6okken」のメンバーとしても活動。NEORT++(日本橋・馬喰町)キュレーター。

https://waxogawa.pb.online/

アーティストプロフィール

袁方洲 | Yuan Fangzhou

中国遼寧省生まれ。2018年清華大学美術学部工芸専攻を卒業後来日。2020年東京藝術大学大学院工芸科修士課程修了。現在、東京藝術大学大学院工芸科博士後期課程に在籍、東京を中心に活動している。人・物・自然の関係性に着目し、ポスト・ミニマリズムや仏教などの東洋思想に影響された自身の哲学に基づき、ガラス素材を中心に、立体、絵画、映像など複数のメディアと技法を交錯させる作品を展開している。

https://www.yuanfangzhou.com/

クリストス・マヴロディス | Christos Mavrodis

1995年、ギリシア生まれ。音響視覚芸術を専攻後、現在はオランダを拠点に活動。現代生活の複雑さを反映した、フィクショナルな作品が現れる場において芸術的実践を行う。彼の制作プロセスは、即興性と直感を重視しており、有機的な作品の連関での、反映と内省の感覚を呼び起こす意味環境を提示する。それは存在の根本的な問いと経験の神秘へ向き合う契機となる。

https://christosmavrodis.com/

添田奈那 | Nana Soeda

日本とロンドンでアートを学ぶ。アジアのおもちゃや看板、ガラクタなどに影響を受け、「安っぽさ」への愛情や、社会の無分別な部分への憤りや悲しみを平面作品や立体、アニメーションなどで表現している。2023年にTerada Art Complex Ⅱの「YUKIKO MIZUTANI」にて個展を開催。そのほか、三越伊勢丹主催の「3D ART PROJECT」や渋谷パルコでのフェスティバル「P.O.N.D」など様々なプロジェクトや展示に参加している。

https://www.nanasoeda.com/

田中小太郎 | Kotaro Tanaka

2001年生まれ。物質の内部で生まれる残響音を扱った立体表現を主に制作。東京藝術大学音楽学部卒業後、美術展施工に携わりながら制作活動を続ける。

https://www.instagram.com/kota.ko.t/

ペロンミ | pelonmi

1987年生まれ。日々目にするものや感じたものを描く。

https://www.instagram.com/pelonmi_/

リリースペイシー | Lily Spacey

1998年青森生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後大阪に移り住み音楽やアニメーションなどを制作している。

https://www.instagram.com/lilyspacey/

 

waxogawa (小川楽生) ×布施琳太郎トークイベント「長い沈黙。」[Long silence.]

開催日時:2024年2月3日(土) 16時〜17時30分
会場:biscuit gallery 3F
定員:10名(事前申込み)
参加無料

お申込みはこちらから 

「ことばを使って話すことは当たり前のことではない」という態度を採る小川と、「孤独」や「二人であること」の回復を考える布施。この両名によるトークイベント「長い沈黙。」を実施します。

本展ではさまざまなところに「詩」が織り込まれていますが、その「詩」において、「沈黙」とは何なのでしょうか? あるいは、あいかわらずなおも「詩」にこそ可能なことばはあるのでしょうか? DNA単位で刻み込まれた傷としての障害、自己紹介としての翻訳。こうしたテーマを据えながら、ゆっくりぽつぽつと語りはじめられる「沈黙」をひらきます。

 

開催概要

biscuit gallery Curator Projects Vol.2「帰路にまざまざと知る」

会期:2024年2月1日(木)〜2月18日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

キュレーター:waxogawa

参加作家:袁方洲、Christos Mavrodis、添田奈那、田中小太郎、ペロンミ、Lily Spacey

カテゴリー
Exhibition

森ゆらら 個展「TRUE ROMANCE」/ Yulala Mori “TRUE ROMANCE”

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、現代美術作家の森ゆららによる個展「TRUE ROMANCE」を開催致します。会期は2024年1月11日(木)から1月28日(日)まで。

1月13日(土) 16:00-19:00に、オープニングパーティーを開催いたします。
作家在廊予定です。

Yulala Mori solo exhibition “TRUE ROMANCE” main visual

森 ゆららにとって初個展となる本展は、ギャラリー3フロアを使って展開されます。

新進気鋭の作家森ゆららが作り出す展示空間に、是非ご期待ください。

作品リスト

Online Sale

 

TRUE ROMANCE

ロマンティックな映画と音楽、美しい光と色彩、それらを愛する全てのロマンティックな人に向けた絵画の映画館であり、YULALAからのラブレター
(森ゆらら)

《Uma》 Oil on canvas, 727×606mm, 2023

《Girl with big thumbs》 Oil on canvas, 1620×1303mm, 2023

 

アーティストプロフィール

森 ゆらら | Yulala Mori

1996年 東京都生まれ
2020年 東京藝術大学絵画科油画専攻 卒業
2022年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程第一研究室 修了

主に油画、水彩画を制作している他、立体作品、大型ネオン管アート等、自由な表現方法で制作活動を行う

ロマンティックな映画、音楽、芸術、書籍、人、自然、宇宙から受けたインスピレーションをリスペクトの精神と純粋な愛情をもってロマンティックなストーリーを想像し、独自の色彩感覚でアートとして表現
日々、最高の作品を作ることを目指している

またロマンティックな芸術や人が世界に溢れたらもっと楽しい世界になると考える『世界平和プロジェクト』を主宰
WACKO MARIAのグラフィックや旗艦店 PARADISE TOKYO内のアートワークを手掛け、ブランドの世界観をよりロマンティックに反映する重要な役割を担っている

展示歴

2023年 グループ展「Intersection」(銀座 蔦屋ATRIUM), 東京

Art Fair

2023年 ART FAIR TOKYO (biscuit gallery booth), 東京

プロフィール詳細はこちらから

開催概要

森ゆらら 個展
「TRUE ROMANCE」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2024年1月11日(木)〜1月28日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

オープニングパーティー:2024年1月13日(土) 16:00-19:00
※どなたでもご参加いただけます。

カテゴリー
Exhibition

グループ展「biscuit gallery Christmas exhibition」/ Group show “biscuit gallery Christmas exhibition”

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、グループ展「biscuit gallery Christmas exhibition」を開催致します。
会期は2023年12月14日(木)から12月24日(日)まで。

biscuit gallery (渋谷) 参加作家:

岡田佑里奈 (Yurina Okada)
城蛍 (Hotaru Tachi)
中風森滋 (Shinji Nakakaze)
那須佐和子 (Sawako Nasu) 
西浦裕太 (Yuta Nishiura)
福原優太 (Yuta Fukuhara) 
三代宏大 (Kodai Mishiro) 

作品リスト(渋谷)

 

本展は、biscuit gallery karuizawaとの同時開催となります。
biscuit gallery karuizawaの会期は、2023年12月9日(土)から12月17日(日)まで。

biscuit gallery karuizawa (軽井沢) 参加作家:

五十嵐大地 (Daichi Igarashi) 
井上りか子 (Rikako Inoue)
中風森滋 (Shinji Nakakaze) 
那須佐和子 (Sawako Nasu) 
福原優太 (Yuta Fukuhara) 
藤川さき (Saki Fujikawa) 
三代宏大 (Kodai Mishiro) 
森川瑳久 (Saku Morikawa) 

 

本展は、今年を締めくくる展示となります。
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

開催概要

グループ展「biscuit gallery Christmas exhibition」

【biscuit gallery (渋谷)】
会場:biscuit gallery 1階〜2階
会期:2023年12月14日(木)〜12月24日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

【biscuit gallery karuizawa (軽井沢)】

会期:2023年12月9日(土)〜2023年12月17日(日)
時間:12:00〜18:00 ※火・水休み
入場:無料
主催:biscuit gallery karuizawa

カテゴリー
Exhibition

山田美優 個展「Dawn + Drawn」/ Miyu Yamada “Dawn + Drawn”

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、現代美術作家の山田美優による個展「Dawn + Drawn」を開催致します。会期は2023年11月23日(木)から12月10日(日)まで。

初日の11月23日(木・祝) 15:00-19:00に、オープニングパーティーを開催いたします。

Miyu Yamada solo exhibition “Dawn + Drawn” main visual

山田にとってbiscuit galleryで初となる個展では、3フロアを使い新作を発表します。新たな作家山田美優の一面が多分にみられる作品、展示構成にご期待ください。

展示に寄せて

熱気がこもる猛暑の中、涼しさと静けさを求め、制作はだいたい日没から始め、 朝方までかかることもありました。捗る夜が明け、空の色がほんの少し色づき始 める時間まで制作した作品を中心に展示します。

素材の一つとして用いている “砂” に関する記憶を遡ると記憶に残っているのは、 小さな頃見た実家にある植木鉢の中の砂です。植木鉢とは小さなものですが、都 会から見るその小さな世界が自然というものに興味をもたせてくれました。

日々、アトリエの近くにある砂浜に描くドローイングは、次の日になると風や 雨、潮の満ち引きによってかすれたり、消えたりしています。同じ形を留めない 砂は、素朴で、定まらない曖昧な存在として感じられます。すぐに舞い上がって しまうほど軽く小さな砂ですが、キャンバスにのせた時の手応え、絵の具と混ざ り合った時のザラザラとした質感は、確かな抵抗として感じられ、描くという根 源的な欲求をかりたててくれます。

ここのところ、作品(物体のようなもの)を作るという意識から、「描く」という意識に変化しました。そんなことから、「夜明け」と「描く」の二語を取り、 「Dawn + Drawn」という展覧会のタイトルを付けました。

ぜひごゆっくりと楽しんでいただけたらと思います。

山田 美優

 

アーティストプロフィール

山田 美優 | Miyu Yamada

1994年 東京都出身
青山学院大学法学部卒業

時代や社会の流れの狭間に生きる者を投影した作品を制作する。現代⼈の持つ独特の浮遊感、つかみどころのなさといったものを捉え、都市と自然の中間的存在として砂状の素材を用いている。
ドローイングを元に線を盛り上げて描くシリーズとパステルを用いた作品を展開する。
登場する生きものたちは、目まぐるしく変化する時代と交錯した社会を見つめる自分自身であると同時に、鑑賞者自身として描き出される。

プロフィール詳細はこちらから

開催概要

山田美優 個展
「Dawn + Drawn」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2023年11月23日(木)〜12月10日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

オープニングパーティー:2023年11月23日(木・祝) 15:00-19:00
※どなたでもご参加いただけます。

カテゴリー
Exhibition

【3人展】大澤巴瑠×岡田佑里奈×仲衿香「幻像のラプソティー」/ Hal Osawa, Yurina Okada, and Erika Naka “Rhapsodic Spectrum”

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、現代美術作家の大澤巴瑠、岡田佑里奈、仲衿香による3人展「幻像のラプソティー」を開催致します。

会期は2023年11月2日(木)から11月19日(日)まで。

メインビジュアルに使用されている、大澤・岡田・仲3名による合作作品「Caerus(カイロス)」は、『機会』『一瞬の時』を意味する言葉です。

3人の制作の共通項として、技法や選定するモチーフが瞬間的である事が言えます。今回の展示では、3人が相互にやり取りをして展示を構成しました。

この3人ならではのやり取りから生まれる展示を、是非この機会にご覧下さい。

大澤巴瑠《Bur@rt》727×727mm

岡田佑里奈《Bur@rt》 727×727×50mm

仲衿香《Bur@rt》 727×727×50mm

 

アーティストプロフィール

大澤巴瑠 | Hal Osawa

1997年 東京都出身
2020年 多摩美術大学美術学部油画科 卒業
2022年 京都芸術大学大学院芸術研究科 修了

『複製』という行為にあえてわたしはバグを起こす。この行為によってコピーをしたはずが、印刷物は別のオリジナルに変容してしまっている。私はデジタルの複製をアナログで複製することにより、価値の曖昧さを作品に仮託し、可視化した作品を制作している。(大澤巴瑠)

岡田佑里奈 | Yurina Okada

1995年 兵庫県出身
2018年 京都造形芸術大学 卒業
2020年 京都造形芸術大学修士課程 修了

岡田佑里奈の作品は絵画、そして写真の領域を横断しながら次世代にあるべき平面作品の可能性について問いを投げかけます。

プロフィール詳細はこちらから

仲衿香 | Erika Naka

1994年 長野県出身
2019年 東京造形大学絵画専攻 卒業

目にした記号や日常生活の事物を絵画に落とし込み、アクリル絵具を用いた厚塗りが特徴の作品を制作している。

 

開催概要

大澤巴瑠×岡田佑里奈×仲衿香
「幻像のラプソティー」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2023年11月2日(木)〜11月19日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery
協力:SH GALLERY

オープニングレセプション:11月2日(木)15時〜19時

カテゴリー
Exhibition

biscuit gallery group exhibition 「re2」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、2023年10月8日より、2021年に第1回目を開催した展覧会「re」の第2回目となる「re2」を開催いたします。

オープニングパーティーを、初日の2023年10月8日(日) 16時より予定しております(featuring Yuki’s kichen)。作家2名も参加予定です。

この度biscuit galleryでは2023年10月8日から10月28日の会期にて粂原愛と髙橋健太による展示「re vol.2」を開催致します前回の「re」に引き続き、本展示では西欧編纂型の現代美術と日本美術が交差する今日の私たちの美術的な土壌を捉え直し、改めて考える場を鑑賞者と共有する意図を下敷きに、今日のアートシーンの一部の摘録となることを目指します。

展覧会タイトル「re」は「再び」「反対」などの語意を形成するプリフィックであり、その語義的な理由から「re」とは何かしら元となる、あるいは対峙する「何か」を伴います。同時に、その「向き合う何か」は本展示における大きな主題の一つであり、本展示の目的は外来種としての現代美術の形式をそれとは異なった美術形式が既にあったこの国がそれを受容したことを前提として、その今日に結果として在るアートシーンの一部の表現を改めて考察すること、またその二種の因子をいずれとも廃さずに私たちにとっての《現代美術》の様相と可能性を見つめ直すことにあります。

とはいえ、誤解を招かないために言えば、この展示に参加する粂原も髙橋も(広い意味での現代日本という時代区分を共有してはいるものの)それぞれに表現の志向は異なったアーティストであり、企画の趣旨は二人の表現上の共通項を類推させる機会の提供ではありません。異なった志向性を持った二人が共有する土壌に考えを巡らすこと、そして交雑した因子を持ったその土壌の上に居る二人の美術家の優れた仕事を紹介すること、企画の要旨はこの二つに尽きます。そして二人の招聘にあたり、今回の「re」では「手前と奥」というライトモチーフを導入しました。前者は2000年代以降における日本絵画の表現形式について、後者は日本絵画における余白の存在や不在の表現についての言い換えであり、この構造を通じて、つまり「目に見えているもの」と「目には(直接には)映らないもの」の二つの観測地点から私たちの美術について思考する機会を築けたらと思います。

では「奥」とは何か。「奥」とは、眼前には無いが、予感によって感知できる領域であり、或いはその感性そのものとここでは定義づけています。暗がりに何かを感じて怯える心、言外に匂わされるニュアンス、若しくは他者の頭の中の世界。このことを考えるため、平安中期の歌人・藤原公任が『和歌九品』で語った「餘りの心」、後代になっては鴨長明が『無名抄』で語られた「余情」という言葉を展示上の頼りとしました。形として現れていないが、現れていないだけで、そこに在る/居るような予感がすること。今回の「re」では、これまで建具を用いて意図的に画面に遮りの効果を与え、顕現されない存在を示唆させる粂原愛の絵画とともに、この点を考えたいと思います。粂原は一つの絵画に「視えている箇所-視えない箇所」の二重性を生み出し、つまり不在を通して存在を予感させ、想像させる画面を鑑賞者に提示します。その「目の前には無いが予感はすること」こそが、本展示で考えたい「奥」の手触りであり、その不確かな触覚を述べる詩的言語が、私たちが背負う美術史には多く見受けられるように思えるのです。

一方の髙橋健太は、本人の言葉を借りるならば「残ってしまったもの」として日本絵画を捉え、明治や戦後の文化的な改造と変質を踏まえ、固有の歴史観をベースに今日の日本絵画のコンテクストを捉え、実践しているペインターです。彼の絵画には、デジタイズされた今日の私たちにとっての生活のリアリティ、近代都市の生活者のモダリティにめぐらせた考察を、彼の考える日本絵画固有の線描法、技材に由来する粒子的なテクスチャを取り入れながら、90年代の日本に生まれた世代感覚を織り混ぜながら描いたものが多く、言わば日本的な図像感覚と絵画技法に向き合い、それらを現代絵画に持ち込もうと企図するかのようです。「たまたま生まれた場所にあった美術史が、少なくとも西欧的なそれには整合性がつきにくかった。といって絶望はしたくない。ポジティブに捉える道を考えたい」と話す彼は、複雑な因子の絡み合った美術史を要素分解し、時に矛盾するかに見えるそれら一つ一つの因子を無視するのではなく、むしろそれらが共生した土壌をスタート地点とします、本展示において髙橋に頼ったのは「手前」、つまり日本絵画のフォルマリズムの考察パートですが、それは彼が堅持するようなやり方でこそ、そしてその言葉を借りるならば「残ってしまったもの」を見極めるところから始まるようにも思えます。

奥岡新蔵

アーティストプロフィール

粂原 愛 | Ai Kumehara
1989年 埼玉県出身
2015年 摩美術大学大学院日本画研究領域 修了

透過度の高い絵の具で下図を制作した後、画面全体に薄い和紙を貼り岩絵の具で彩色する手法を用いる。一度画面を半透明にリセットすることによって、色彩や形の境界を曖昧にし、描かれているものを抽象化させる。2019 – 2020年前半までは自然保護区、コロニヘーヴなど人為的に自然が作られた場所に滞在し取材を行っていたが、コロナウイルスによるロックダウンによって人々がいなくなった滞在先に突然出現した動物と対峙した経験から、動物を「何かを示唆するもの」として画面上に描く。

詳細プロフィールはこちら

髙橋 健太 | Kenta Takahashi
1997年 愛知県出身
2021年 東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業 
2023年 東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻所属

開催概要

biscuit gallery group exhibition
「re2」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
参加アーティスト:粂原 愛、髙橋 健太
会期:2023年10⽉8⽇(日)〜 10⽉28⽇(土)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
協力:奥岡 新蔵
主催:biscuit gallery

Openning Party featuring Yuki’s kichen:2023年10⽉8⽇(日)16〜19時※作家2名とも参加予定

 

カテゴリー
Exhibition

鈴木秀尚個展「鳥と鏡」/ Hidetaka Suzuki “Bird and Mirror”

この度、渋谷区松濤のbiscuit galleryでは2023年9月14日(木)より、鈴木秀尚による個展「鳥と鏡」を開催致します。

「鳥と鏡」メインビジュアル

biscuit galleryでは2度目の鈴木の個展開催となり、今回は古川諒子とのダブル個展になります。
国内外での活躍を見せる鈴木秀尚の新作に是非ご期待ください。

今回同時に個展を開催する古川諒子と共に、美術作家の菅亮平さんをゲストに迎えてのトークイベントを開催します。
概要は下記をご覧ください。

作品リストはこちら

アーティストプロフィール

鈴木秀尚 | Hidetaka Suzuki

 1986年 北海道生まれ
2014年 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース修了

虚構と現実をテーマに絵画を制作を続ける。普段私たちが経験する現実、そして想像し作り上げる虚構。2世界を隔てているように見せる境界線をぼやけさせ、観者に「真に見えているものとは何か」を問いかける。

詳細プロフィールはこちら

 

開催概要

鈴木秀尚 個展
「鳥と鏡」

会場:biscuit gallery 1階, 3階
会期:2023年9月14日(木)〜10月1日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

【イベント開催情報】
鈴木秀尚×古川諒子トークイベント
ゲスト:菅亮平

開催日時:2023年9月16日(土) 15:00-16:00
場所:biscuit gallery


菅亮平(かん りょうへい)プロフィール

1983年愛媛県生まれ。美術作家。2016年に東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了、博士号(美術)を取得。「空虚(Void)」をめぐる思考をもとに、多様なメディアを横断的に扱いながら作品制作とアートプロジェクトに取り組み、国内外で発表する。広島市立大学芸術学部講師、Setouchi L-Art Project(SLAP)総合ディレクター。
Website : https://ryoheikan.com

 
カテゴリー
Exhibition

古川諒子個展「かわいそうなジェーン・ブラウンさんは国民に演説を行った」/ Ryoko Furukawa “Poor Jane Brown Gave a speech to the Nation”

この度、渋谷区松濤のbiscuit galleryでは2023年9月14日(木)より、古川諒子による個展「かわいそうなジェーン・ブラウンさんは国民に演説を行った」を開催致します。

「かわいそうなジェーン・ブラウンさんは国民に演説を行った」メインビジュアル

biscuit galleryでは初の古川諒子個展となる本展は、鈴木秀尚とのダブル個展となります。
若手現代美術シーンで活躍を続ける古川諒子の最新作を是非お楽しみください。

今回同時に個展を開催する鈴木秀尚と共に、美術作家の菅亮平さんをゲストに迎えてのトークイベントを開催します。
概要は下記をご覧ください。

作品リストはこちら

アーティストプロフィール

古川諒子 | Ryoko Furukawa

1994年 兵庫県出身
2020年 広島市立大学 芸術学部油絵専攻 卒業
2022年 広島市立大学大学院 芸術学研究科博士前期課程 修了

私は言葉から連想されるイメージをもとに絵画を制作しており、原則として、以下の項目をルールとしている。

(1) 第三者によって書かれた文章を切り刻む。
(2) 制作者が(1)の文章を再構成する。
(3) (2)の文章のみを手がかりに、絵画を制作する。

受験期に使用した英単語帳を切り刻み、再構成した文章を絵画化している。

詳細プロフィールはこちら

 

開催概要

古川諒子 個展
「かわいそうなジェーン・ブラウンさんは国民に演説を行った」

会場:biscuit gallery 1階〜2階
会期:2023年9月14日(木)〜10月1日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

【イベント開催情報】
鈴木秀尚×古川諒子トークイベント
ゲスト:菅亮平

開催日時:2023年9月16日(土) 15:00-16:00
場所:biscuit gallery

菅亮平(かん りょうへい)プロフィール

1983年愛媛県生まれ。美術作家。2016年に東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了、博士号(美術)を取得。「空虚(Void)」をめぐる思考をもとに、多様なメディアを横断的に扱いながら作品制作とアートプロジェクトに取り組み、国内外で発表する。広島市立大学芸術学部講師、Setouchi L-Art Project(SLAP)総合ディレクター。
website: https://ryoheikan.com

 

カテゴリー
Exhibition

【2人展】山中雪乃×山ノ内陽介「silence and innocence」/ 【Duo Exhibition】Yukino Yamanaka×Yosuke Yamanouchi “silence and innocence”

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、美術作家の山中雪乃と山ノ内陽介による2人展「silence and innocence」を開催致します。
2023年8月17日(木)から9月3日(日)まで。

近年、飛躍的な活動を続ける山中と山ノ内。ストロークを意識して制作を続ける2人の作品の掛け合いに、是非ご期待ください。

アーティストプロフィール

山中雪乃 | Yukino Yamanaka 

1999年 ⻑野県生まれ
2021年 京都芸術大学 美術工芸学科油画コース 卒業
2023年 京都芸術大学大学院 美術工芸領域 油画領域 修了

詳細プロフィールはこちら

山ノ内陽介 | Yosuke Yamanouchi

1996年 愛知県出身
2019年 名古屋造形大学洋画コース 卒業
2021年 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻 修了

詳細プロフィールはこちら

 

開催概要

山中雪乃×山ノ内陽介 2人展
「silence and innocence」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2023年8月17日(木)〜9月3日(日)
時間:13:00〜19:00 ※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery