カテゴリー
Artists

山中 雪乃 / Yukino Yamanaka

山中 雪乃 / Yukino Yamanaka

Profile

1999年 ⻑野県生まれ
2021年 京都芸術大学 美術工芸学科油画コース 卒業
2021年 京都芸術大学大学院 美術工芸領域 油画領域 入学 (在学中)

主な展示歴

【個展】
2022
-「attitude」 biscuit gallery, 東京
-「figure」 haku kyoto, 京都

【グループ展】
2022
– biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」biscuit gallery, 東京
2021
-「ARTISTS FAIR KYOTO 2021」京都文化博物館, 京都
-「formation」新宿眼科画廊, 東京
2019
浮遊する変体vol.3 「虚実皮膜」東京藝術大学 立体工房 (東京)

Concept

絵画をモチーフ、写真、支持体、様々なレイヤと自分の視点を通して構成する。そうして生まれる操作と偶然から「存在」について考える。

https://www.instagram.com/yukino_yamanaka/

カテゴリー
Exhibition

高尾岳央×山中雪乃×井上りか子 トリプル個展「SOLO SOLO SOLO」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、美術作家の高尾岳央、山中雪乃、井上りか子の3名による展覧会を開催致します。
2021年4月7日(木)から4月17日(日)まで。

本展は新進気鋭の若手ペインター3名が、1フロアずつ使った個展企画です。

 

高尾岳央 個展「←東京」※1階フロア

1階フロアは、この春に京都芸術大学を卒業した美術作家、高尾岳央による個展「←東京」です。
本展は、これまでのキャリアで初となる個展開催です。

 

山中雪乃 個展「attitude」※2階フロア

2階フロアを担当するのは、現在、京都芸術大学大学院に通う山中雪乃。
2月に自身初個展を京都で開催した山中雪乃ですが、本展は自身にとって東京初個展となる展覧会です。

 

井上りか子 個展「たましいは皮を剥いた桃のように」※3階フロア

3階フロアを担当するのは2021年に武蔵野美術大学を卒業した井上りか子です。
本展に向けて描き上げた新作が多数出品予定です。

 

なお、ペインター3名による本展「SOLO SOLO SOLO」は、今後も継続的に取り組んでいくシリーズ企画です。

biscuit galleryは、日本における新進気鋭の若手ペインターを継続的に応援して参ります。

アーティストプロフィール

高尾岳央 | Takehiro Takao 

現代における風景画は何かをテーマに制作しています。写真や現代に溢れる文字、自分が書いたメモなどがモチーフになっています。近づくと鮮明になり、離れるとボヤける、絵の具を足せば途切れる事なく線を引く事のできる特性を持つエアブラシを主に用い制作しています。

1998年 大阪府出身
2022年 京都芸術大学 美術工芸学科 卒業
2022年 京都芸術大学 美術工芸学科 大学院 入学

山中雪乃 | Yukino Yamanaka 

絵画をモチーフ、写真、支持体、様々なレイヤと自分の視点を通して構成する。そうして生まれる操作と偶然から「存在」について考える。

1999年 ⻑野県生まれ
2021年 京都芸術大学 美術工芸学科 油画コース 卒業
2021年 京都芸術大学 美術工芸領域 油画領域 入学 現在在学中

主な個展に「figure」 (haku kyoto、京都、2022)

井上りか子 | Rikako Inoue 

油彩画を主軸としつつ、独⾃の⽀持体や⽷、針⾦など様々な画材を組み合わせた規格に捉われない絵画表現や空間表現を探求する。

1997年東京都⽣まれ。
2021年武蔵野美術⼤学造形学部油絵学科油絵専攻卒業。

主な個展に、「悲しみにくちづけを」(LOKO GALLERY、東京、2020)、「シュランムフィッシュ」(GALLERY b. TOKYO、東京、2019)など。第55回神奈川県美術展⼤賞(2019)、第9回FACE2021椿玲⼦審査員特別賞(2020)などを受賞。

開催概要

高尾岳央×山中雪乃×井上りか子 トリプル個展
「SOLO SOLO SOLO」

1F:高尾岳央 個展「←東京」
2F:山中雪乃 個展「attitude」
3F:井上りか子 個展「たましいは皮を剥いた桃のように」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2022年4月7日(木)〜4月17日(日)
時間:13:00〜19:00(土日祝:12:00〜18:00)
※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery

カテゴリー
Artists

高尾 岳央 / Takehiro Takao

高尾 岳央 / Takehiro Takao

Profile

高尾 岳央 / Takehiro Takao

1998年 大阪府出身
2022年 京都芸術大学美術工芸学科 卒業
2022年 京都芸術大学大学院美術工芸学科大学院 入学

主な展示歴

【個展】
2022
「←東京」, biscuit gallery, 東京

【グループ展】
2022
biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」biscuit gallery, 東京
-KUA ANUAL 2022「in Cm | ゴースト, 迷宮, そして多元宇宙 in Cm | Ghost, Labyrinth and Multiverse」 ギャルリオーブ(京都芸術大学)、東京都美術館
2021
– 台北國際藝術博覧會「ART TAIPEI」, 台北
-「ART drops 」大阪・堺市
-「RENACER」神戸元町 歩歩琳堂画廊, 神戸
– 阪急大阪メンズ館 展示, 大阪
-「BE AT STUDIO HARAJUKU」ラフォーレ原宿, 東京2019 
「Dobrese展」ギャルリオーブ(京都芸術大学) , 京都

Concept

現代における風景画は何かをテーマに制作しています。写真や現代に溢れる文字、自分が書いたメモなどがモチーフになっている。
近づくと鮮明になり、離れるとボヤける、絵の具を足せば途切れる事なく線を引く事のできる特性を持つエアブラシを主に用い制作している。

https://www.instagram.com/takao_takehiro/

カテゴリー
Collection

LIAO YUAN YI《Draw The Nautical Chart 060》

LIAO YUAN YI《Draw The Nautical Chart 060》

「Draw The Nautical Chart」シリーズは、布の上に絵画、刺繍、スタンプ、コラージュの技法を用いた作品である。
「コミュニケーションは必ずしも言語的なものではなく、自身のドローイングのようなもの」であり、これらのドローイングには、自分自身、自分と他者、他者同士の繫がりや関係性を描いている。
言語や宗教、人種など、国や地域によって異なる存在を画面に落とし込み、関係性を表現している。

私の作品は実物を変換することによってイメージに落とし込んでいる。個人的な経験や記憶を再現することで、感情や概念が非言語的にコミュニケーションできるようになっている。
創作の過程で、想像力には限界があることに気が付くが、その先の領域に到達できるよう、さらに現在の事象を飲み込んで昇華させている。

「Draw The Nautical Chart」シリーズは単一の作品ではなく、複数のドローイングが連携し、繋がりによっても構成されている。複数のドローイングを通して、思考の方向性を示し、その方向性の中で私の世界観が作られている。それぞれの作品には、様々な素材を使っており、作品の世界を拡張させている。

LIAO YUAN YI リャオ・ユエン・イー

LIAO YUAN YI

「biscuit gallery first anniversary exhibition grid」展示風景より

《Draw The Nautical Chart 060》※Detail

《Draw The Nautical Chart 060》※Detail

《Draw The Nautical Chart 060》※Detail

《Draw The Nautical Chart 060》※Detail

「biscuit gallery first anniversary exhibition grid」展示風景より

作品概要

LIAO YUAN YI リャオ・ユエン・イー
タイトル:《Draw The Nautical Chart 060》※額付
サイズ:52.5×52.5×4.5cm
メディウム:糸、アクリル、ペーパー、色鉛筆
制作年:2022年
備考:biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」出品作品

 

biscuit gallery collection

biscuit gallery collectionは、美術館をはじめ、企業や商業施設への貸し出しを推進しております。
本作品に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

カテゴリー
Artists

南谷 理加 / Rika Minamitani

南谷 理加 / Rika Minamitani

Profile

南谷 理加 / Rika Minamitani

1998年 神奈川県出身
2021年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
現在 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻在学

主な展示歴

【個展】
2021
「WONDERLANDⅢ」 Bambinart Gallery, 東京
「WONDERLAND Ⅱ」Bambinart Gallery, 東京
2020
「WONDERLAND」Bambinart Gallery, 東京

【グループ展】
2022
– biscuit gallery first anniversary exhibition「grid」biscuit gallery, 東京
2021
-「FACE展2021」SOMPO美術館, 東京