• Instagram
  • FaceBook

biscuit gallery is a commercial gallery to handle led
by a young writer of domestic and foreign contemporary art.

 

【2人展】山ノ内陽介×渡邊涼太「gap」

渋⾕区松涛⽂化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋⾕区松濤)では、現代美術作家の山ノ内陽介と渡邊涼太による2人展「gap」を開催致します。

会期は2022年4月21日(木)から5月1日(日)まで。

 

2022年最初の個展を迎える山ノ内陽介は、関東郊外のアトリエでひとり、人との関わりを拒絶するかのように絵画と向き合い、本展に向けてたくさんの新作を制作してきました。これまでに発表してきた「表皮シリーズ」、「ポートレートシリーズ」、「抽象シリーズ」に加え、新たに発表する「皮じゃないシリーズ」を含め、30点以上の作品がbiscuit galleryの展示空間に登場致します。

山ノ内陽介《皮じゃない》652×652 Oil on canvas 2022

渡邊涼太は、2021年秋の初個展から半年ぶりとなる本格的な展覧会となります。
カッターの歯に絵の具を乗せて描く、独特な制作スタイルを持つ渡邊涼太は、本展でもさまざまなモチーフを取り入れながら独自の世界観を拡張させていきます。

渡邊涼太《Was a woman》 727×530 キャンバス、アクリル、油彩 2022

本展「gap」では、作家それぞれが表現する作品の揺らぎや2面性を対比させながら、2人展ならではの鑑賞体験をお楽しみ頂けましたら幸いです。

作品リストはこちら

 

アーティストプロフィール

山ノ内陽介 | Yousuke Yamanouchi

1996年 愛知県出身
2019年 名古屋造形大学洋画コース 卒業
2021年 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻 修了

2021年 REAL by ArtSticker「第 6 の予言 The 6th prophecy-The first sentence-」(KITTE 4F)
2021年個展「Mindfulness」(gallery b.tokyo)
2021年個展「深淵まで」 myheirloom pre-open exhibition vol.2(Room_412)
2020年 個展「思考を紡ぐ」(gallery b.tokyo)

渡邊涼太 | Ryota Watanabe 

1998年 埼玉県出身
2021年 東北芸術工科大学芸術学部美術科 卒業
2021年 東京藝術大学大学院第六研究室 在籍
第66回埼玉県美術展覧会産経新聞社賞(2016)、六花亭主催・中村内美術村企画公募「二十歳の輪郭」最優秀賞(2018)受賞。

個展に「Horizon」(ロイドワークスギャラリー、東京、2021)、グループ展に「heso展」(古民家heso、山形、2020)、「One FACE展」(ロイドワークスギャラリー、東京、2021)など。

開催概要

山ノ内陽介×渡邊涼太 2人展
「gap」

会場:biscuit gallery 1階〜3階
会期:2022年4月21日(木)〜5月1日(日)
時間:13:00〜19:00(土日祝:12:00〜18:00)
※月〜水休
入場:無料
主催:biscuit gallery